家電製品と雑記

【2K・4K・8Kの比較イメージ】8Kユーザーの体験談

8Kイメージ

 

画素数が4倍になっていく

2K4K8K比較イメージ

従来のテレビ  約200画素

4Kテレビ   約800画素

8Kテレビ     約3300万画素

 

従来のテレビ(フルハイビジョン)は、約200万の画素で構成されています。

大画面テレビが主流になってきたので、200万画素では足りなくなり、4倍の画素数を持つ4Kテレビが作られました。

 

4Kテレビなら、55型以上の大画面でも粗さが目立つ事はありません。

しかし、75型のテレビも20万円台に値下がりした今、4Kでも物足りなくなり、さらに4倍の画素数を持つ8Kテレビが登場しました。

 

8Kテレビの存在意義

8Kイメージ

 

今まで画素数が足りなくて、つぶれてしまって見えなかった所がクッキリ見えます。

 

4Kテレビでも十分キレイな映像が見れますが、8Kテレビは、そのキレイさに「自然さ」がプラスされます。

 

今まで見えなかった所が見えて、さらにとても「自然に」見えるので、実際にその場に居るような感覚が味わえます。

 

例えばサッカーワールドカップの8K映像を見ると、選手の顔はもちろん、観客の表情まで確認することができます。

YOUTUBE で海外の動画を見れば、まるでその場に居るような気分になります。

 

まだ8Kのカメラが普及していないので本領を発揮する映像は少なめです。

しかしこれからとんでもないスピードで開発が進むはずなので、とても楽しみなテレビです。

 

余裕のある画素数のおかげで、4Kの映像でも自然な奥行きを伴って見られる点も長所だと思います。

8Kテレビで4K映像を見た後では、4Kテレビで4K映像を見た時にギザギザを感じてしまいます。

私は実際に8Kテレビを所有していますが、行ったことのない所の動画を YOUTUBE で楽しんでいます。

 

 

-家電製品と雑記

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.