アドラー心理学入門

アドラー心理学⑲信じるとはどういうこと?【他者信頼のまとめ】

他者信頼3

 

今日のポイント

他者信頼のまとめ

 

今回は、他人を信頼する話の第三回です。
 

第一回はこちら

他者信頼
アドラー心理学⑰他人を信頼するってどういうこと?

続きを見る

第二回はこちら

尊敬
アドラー心理学⑱他人を信頼するために、すべての人を尊敬する

続きを見る

 

他者信頼とは、他人を無条件に信じる事です。

これを理解する為のキーワードは3つでした。
 

無条件・尊敬・信じる

 
今日は、3つ目の「信じる」を解説してから、
最終的な他者信頼のまとめをします。

 

まとめをした結論から先に述べておきます。 

すべての人を尊敬して
自分も尊敬されることを
あきらめずに期待し続ける

これが他者信頼です。

 

期待する男性

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

信じるとは期待すること

期待する

 

やっと他者信頼の最後まで来たね。

他人を『信じる』ことが、どういう行動なのか解説していくよ。

前回やった『無条件・尊敬』の話の続きね。
そうだね。

前回は仕事を怠ける人勉強しない子供を例に出したから、今回もその流れでいくよ。

忘れていたら思い出しておこう。

 

前回の内容

尊敬
アドラー心理学⑱他人を信頼するために、すべての人を尊敬する

続きを見る

 

仕事を怠ける人や勉強しない子供を信じるには、まずは相手を尊敬しないといけないって話だったわね。
すべての人を尊敬できれば、無条件に他人を信じる『他者信頼』が出来るって理屈だね。
『信じる』って言葉はいろんな意味を持っているから、

アドラー心理学での『信じる』の意味を教えてほしいわ。

『信じる』というのは、具体的にどういう行動なのか?

ぼくは『期待する』という言葉に置き換えた方が、わかりやすくなると思ってるよ。

他人に期待する‥‥? 
『信じる』を『期待する』に置き換えて考えてみよう。

相手がもっと、真剣に仕事に取り組むことを期待する。

子供が努力して、成長することを期待する。

たしかに違和感はないわね。
でも、相手が自分の期待に応えることを強制してしまったら、相手の課題への介入になってしまう。

『相手の正しさ』や『そのひとらしさ』を無視した強制は反発される。

当然そうなるわね。
じゃあ放置するしかないのかな?
うーん‥‥

放置してしまったら、相手の主張と、自分の主張との間の距離が縮まらないと思うわ。

そうだよね。

相手を放置するのは、自分の正しさを主張せずに我慢することになる。

これでは『自分らしさ』を無視してしまうことになるね。

そうね。他人に合わせてばかりの不自由な人生はイヤだわ。

自己犠牲は続かないし、お互いが幸せにならないと意味がない。

相手だけでなく、自分だけでもなく、二人で幸せになるには、お互いの正しさを認め合う態度が必要になるね。
そのとおりね。
でも、自分が正しいと思う行動を相手に強制することは「介入」になるからできない。
まどろっこしいけど、他人と良い関係を作るには必要な考え方よね。

前回の話では、そこで相手の立場を理解しようとする「共感」を使って近づくべきだと言ってたわね。

そのとおりだね。

自分の主張をわかってもらいたいなら、まずは相手の主張を理解する努力をするべきだ。

怠ける人には怠ける理由がある。

勉強しない子供には勉強しない理由がある。

自分と相手の立場を入れ替えて想像して、その理由を理解しないとね。

きみもだいぶ『共感』がわかってきたみたいだね。
そうね。何回も話題に上ってるし、共感は横の関係尊敬につながる大事な行動だと知ったからね。
とても重要な行動だね。
アドラー心理学では、他人との距離を縮めるにはこれしかないんだ。

 

共感・横の関係・尊敬の関連図

 

横の関係、共感
アドラー心理学⑨「横の関係」で生きるひとは他人と対等につきあう

続きを見る

 

『お互いの正しさを認め合う』っていうのは自分だけでは出来ない。

だから、まずはこちらから相手の正しさを理解するということね?

そういうことだね。

「勉強しろ!」と言う前に、子供が持っている勉強しない正しさを理解しないといけないんだね。

そして『共感』ができたら、次のステップの『尊敬』に進めるんだ。

尊敬とは、相手がそのひとらしく成長できるように気づかうこと、だったわよね。
そのとおり。

共感は頭の中でやることだ。

それを尊敬という、相手に見える形の行動に移すことができれば、

さらに次のステップの「信じる」に進むことができる。

なんか前回までのおさらいみたいになってきてるわね。

『信じる』がどういう行動なのか、まだ結論を聞いてないわ。

そろそろ話を戻そう。

ぼくは『信じる』は『期待する』に置き換えられると言ったね。

信じるとは、期待すること。

じゃあ相手に何を期待するのか?

自分の正しさを認めてくれること

これを相手に期待するのが『信じる』という行動なんだ。

ああ、なるほど。
そういうことね。

お互いの正しさを認め合うために、まずはこちらから相手の正しさを認めて、その人らしく成長できるように気づかう。

これが尊敬ね。

そして、相手もこちら側の正しさを認めてくれることを期待する。

これが信じるということね。

『尊敬』ができていなかったら、信じることを簡単にあきらめて介入をしてしまう。

だから、相手を信じ続けるには尊敬が欠かせないんだ。

たしかに、自分の正しさを相手に強制することができないとしたら、

相手が歩み寄ってくれることを『信じる』しか道はないわね。

難しいことだけど、あきらめずに期待し続けるしか道はないんだ。

相手を尊敬できれば自然とできるようになるはずだ。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

尊敬して、尊敬される

尊敬しあう

 

『信じる』がどういう行動なのか、だいたいわかったわ。

前回の話に、この『信じる』の話を付け加えれば『他者信頼』が理解できるのよね?

そうだよ。ここまでの話を理解できれば他者信頼も理解できるはずだ。

一言でまとめてみるよ。

どうぞどうぞ。
すべての人を尊敬して
自分も尊敬されることを
あきらめずに期待し続ける

これが他者信頼だ。
他人を無条件に信じるという事だ。

・・・。
ちがう言葉で言い換えてみよう。

誰に対しても、裏切られることを恐れずに、自分の正しさを認めてくれることを、期待し続ける。

・・・なんかストーカーみたいな話になってきたわね。
ストーカーは自分の正しさを相手に押し付けるんだよ。

オレがこんなにお前を愛しているんだから、お前も愛情を返すべきだ。

そんな男はダメだ、オレの方がお前を理解している、とかね。

気色悪いこと言わないでよ。

まぁたしかに、相手を尊敬するのが他者信頼なんだから、ストーカーにはならないわね。

そうそう。

尊敬するというのは、自分の正しさを押し付けるのではなくて、

相手がそのひとらしく前向きに成長していけるように気づかう行動だ。

ストーカーはそんなことしてくれないよね。

あー、なんか今『無条件に』という意味がわかってきたわよ。

無条件に他人を信じようと思ったら、相手のどんな反応も受け入れる必要があるんじゃない?

そのとおりだね。

相手がどんな反応をしても、それはそのひとらしさなんだ。

自分に都合の悪い反応だったとしても、そのひとらしさだと思って受け入れないといけないのね?
そうなんだ。

他人は、自分の期待を満たすために生きているのではないからね。

 

他者信頼のまとめ

他者信頼3

 

そろそろ『他者信頼』の最終的なまとめに入らないといけないね。
共感 横の関係 尊敬
無条件 信じる 期待する

もう手がかりは出尽くしたんじゃないかな。

まずは、他者信頼が具体的にどういう行動か聞いてもいいかい?
しつこく出てきたから大丈夫よ。

他者信頼とは、他人を無条件に信じること。

そのために必要なことは前回に話したよね。
すべての人を尊敬する話ね。

相手に共感できれば、それが尊敬と横の関係につながるのよね。

共感を使って横の関係の生き方を身に付ければ、すべての人を尊敬できる。

 

共感・横の関係・尊敬の関連図

 

無条件というのは『すべての人に』ということだ。

すべての人に対して出来る共感が出来るようになれば、他人との間に横の関係を作れて、すべての人を尊敬することにつながる。

そして、すべての人に共感するためには、他人のどんな反応も受け入れないといけない。

たとえ自分に都合の悪い反応をされても、そのひとらしさなんだと尊重して受け入れる。

そのとおり。

『他者信頼』の出発点は、相手の『そのひとらしさ』を受け入れることなんだね。

ここまでは相手のことばかり考えてるわね。

すべての人を尊敬した後の話が今日のテーマだったはずね。

そうだね。
すべての人を尊敬できれば、あとは相手を信じるだけだ。
『信じる』とは『期待する』こと。

すべての人を尊敬して、期待する。

自分も尊敬されることを期待する。

そう。
ここで初めて『自分らしさ』や『自分の正しさ』が出てくるんだ。

これで他者信頼の目的を達成できるようになるね。

他者信頼の目的?
お互いに尊敬し合える関係を、他人との間に作ること。

これが他者信頼の目的だ。

自分も含めて、みんなで幸せになるには、これしか方法はないんだよ。

なるほどね。

まずは相手の『そのひとらしさ』を受け入れて、共感する。

すべての人に対して、共感する態度を身につければ、横の関係の生き方ができる。

共感と横の関係ができれば、すべての人を尊敬できる。

つまり、すべての人が、そのひとらしく成長していけるように気づかうことができる。

他人を尊敬して、自分も尊敬されることを期待し続ける。
他人は自分の期待を満たすために生きてるんじゃない。

でも、期待し続ける‥‥

なんか他者信頼って、けなげな行動よねぇ。
たしかに。他人と仲間になりたかったら努力が必要だ。

アドラーが言うことはもっともだけど、きびしい生き方だよね。

ミコトは実践してるんでしょ?
まぁね。

でも自分が正しいと思っていることを否定されると、やっぱり反発する気持ちが生まれてしまうね。

まだまだだよ。

そんなふうに思えるのが大事なんじゃないの?
そう思って少しずつ成長しているつもりだ。

大事なことは時間をかけないとね。

じゃあ次のテーマの『他者貢献』も長くなりそうね。
自己受容、他者信頼に続いて「共同体感覚」のラストだからね。

でも長くなりそうだったら何回かに分けて話そうかな。

 

次回に進みます

生き方は自由
アドラー心理学⑳幸せに生きる為に必要なこと/他者貢献とは?

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  【嫌われる勇気】の続編
大ベストセラー【嫌われる勇気】の
内容を、さらに具体的な行動に落と
し込んだ本です。
信頼に関しては、前作よりも
こちらの方が濃い内容です。

幸せになる勇気  amazonリンク

 

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.