アドラー心理学入門

アドラー心理学⑱他人を信頼するために、すべての人を尊敬する

尊敬

 

今日のポイント

" 尊敬 " とは  
個性を大切にすること

 

今回は、他人を信頼する話の第二回です。
 

第一回はこちら

他者信頼
アドラー心理学⑰他人を信頼するってどういうこと?

続きを見る

 

他人を無条件信じるには、全ての人を尊敬する
必要があります。

 

無条件 信じる 尊敬

 
この3つのキーワードを理解して「他者信頼」
する為の準備を整えましょう。

信頼し、委ねる

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

尊敬できる相手・できない相手

尊敬

 

今日の話は他者信頼の2回目だ。

無条件 信じる 尊敬

この3つについて話し合おう。

「他者信頼をするには、相手を尊敬することが必要になる」

前回はここで終わってるから、その続きね。

そうだね。
前回の最後に、きみが言った言葉から話を始めるのがいいだろうね。
「わたしには尊敬できる人と、尊敬できない人がいる」ってやつね。
尊敬するか、しないかは、自分で決められるものなのか?

無条件に誰でも尊敬できるのか?

きみの疑問はそんな感じだよね?

そうそう。無条件にすべての人を尊敬するなんて難しいと思うわ。
きみの考えはよくわかるよ。
世の中には色んな人がいるからね。
アドラーがそれをやれって言うなら、どうしたらできるようになるのか教えて欲しいわ。
もっともな意見だね。

なぜすべての人を尊敬できないのか

まずはこれを説明していくよ。

うん。

 

横の関係なら尊敬できる

対等

 

尊敬できる相手と、できない相手に分かれるのは、きみが他人を評価して差別しているからなんだ。

自分より上の人は尊敬する。

自分より下の人は尊敬できない、みたいな感じでね。

それって私が「縦(タテ)の関係」で生きているからってこと?
さすが、気づくのが早いね。

相手が自分より、上なのか下なのかを判断して、その評価によって態度を変える。

それが縦の関係での生き方だ。

この生き方では自分より上だと思う人しか尊敬できないから、すべての人を尊敬するなんて出来ないんだ。

 

縦の関係
アドラー心理学⑩「縦の関係」で生きるひとは他人を差別する

続きを見る

 

そういえば、共同体感覚の3つの要素は「横(ヨコ)の関係」が土台になってると言ってたわね。
そうだね。

自己受容・他者信頼・他者貢献の3つで構成されるのが共同体感覚だ。

この3つは、他人と対等に付き合う横の関係を土台として成り立つ。

他人を差別する縦の関係では、共同体感覚を身に付けることはできないってことだね。

 

横の関係を土台とする共同体感覚のイメージ

 

以前に「共感」という横の関係を築くためのテクニックを紹介したけど覚えてる?

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

共感は無条件の尊敬につながる

共感

 

覚えてるわよ。

横の関係を築くには、相手の立場で考えないといけないのよね。

相手の主張がどんなものでも、自分が正しいと思った瞬間に、相手を見下してしまう。

そして、自分の『正しさ』を押し付けたくなってしまう。

 

横の関係、共感
アドラー心理学⑨「横の関係」で生きるひとは他人と対等につきあう

続きを見る

 

そのとおりだよ。

ぼくはその時、相手に共感するというのは、相手を敬う行為だと言ったね。

つまり『相手に共感する』というのは尊敬につながるんだよ。

なんか頭がこんがらがってきたわ。
わかりやすく言い直そう。

尊敬横の関係の、両方につながる大事な行動が共感なんだ。

 

共感・横の関係・尊敬の関連図

 

ふぅん。共感ってすごいのね‥‥

この図を見ると「横の関係」は「すべてのひとを」ってところにつながってるわね。

これが今日のキーワードの無条件ってことなのかな?

そうだね。横の関係では無条件に全ての人と対等につきあうからね。
なるほど‥‥

わたしが出来ないって言ってた、「すべての人を尊敬する」っていうのは、他人に共感することが出発点になってるのね。

そのとおりだね。
共同体感覚は横の関係を土台にしてるんだから、さらにその出発点となる共感は、すごく重要なんじゃないの?
おっしゃるとおりだよ。

だからぼくは課題の分離の次は共感に進むように勧めたんだ。

ぼくもその順番で行動したからね。

 

人間関係のイメージ
アドラー心理学⑤「課題の分離」で人間関係をすっきりさせる

続きを見る

 

「すべてのひとを」とか「無条件」っていうのが横の関係から生まれるのはわかったわ。

じゃあ「相手を尊敬する」というのは具体的にどういう行動なの?

相手がそのひとらしく前向きに成長していけるように気づかうこと

これが「相手を尊敬する」という行動だよ。

そのひとらしく、前向きに‥‥?
ちがう言い方をすれば、

相手が「こうなりたい」と思う人間になれるように、協力や援助をしていくことだよ。

なるほどね。

相手が、そのひとらしく生きていくために、力を貸したり、援助したりしていく‥‥

たしかにこれをやろうと思ったら、相手に共感する必要があるわね。

一番大事なのは「そのひとらしく」という部分だね。

相手が望む生き方ができるように協力していくんだから、

そもそも、相手がどんなことを望んでいるのかを知らなかったら出来るはずがない。

共感の話の時にも言ったけど、相手を知らないと、共感できない。

そうね。自分に置き換えて想像するとよくわかるわね。

相手がわたしの意見を無視してあれしろ、これしろ言ってきたらやる気もでないわ。

わたしがどうしたいのかを理解してくれて、それを踏まえたうえで、

どうしたらいいのかを提案されたら前向きに受け入れられそうだわ。

そうだよね。

「わたし」を尊敬してくれる人の言うことは聞く価値があると感じる。

なぜなら、それは相手の意見の押し付けじゃなくて、

「わたし」が「わたしらしく」成長するためのアドバイスだからだ。

これは『課題の分離』をする時の考え方にもつながるわね。

相手の課題に踏み込まずに、協力や援助をしていく‥‥

 

人間関係に悩む女性
課題の分離を実践するコツとは?親子など5つの具体例を紹介する

続きを見る

横の関係
アドラー心理学⑧褒めるより叱るより感謝!横の関係を築こう!

続きを見る

 

そのとおりだよ。

勉強しないことによって訪れる結末を、最終的に引き受けるのは子ども自身なんだ。

だから勉強は子どもの課題だ。

子どもがなぜ勉強しないかを知ろうともせずに「勉強しろ!」と強制するのは、子どもの課題への介入になるわ。

子どもが反発するのも当然ね。

だって子どもの意見が尊重されていないんだから。

尊敬のかけらも無い命令なんて、子供も聞きたくないわよ。

勉強する、しないは子どもの課題なんだから、親が口出しするべきじゃないんだ。

でも、もし子どもがパイロットになりたいという夢を持っていたとしたら、親の出番だ。

パイロットになるために必要な、子どもが知っておくべきことを教えてあげないとね。

どんなことを教えればいいの?
多くの人命を預かるパイロットという職業は、簡単にはなれないこと。

倍率も高いから、勉強するのは当然として、それ以外にもたくさんの努力や犠牲が必要になること。

どんな学校に入って、どんな勉強をして、どんな企業に就職する必要があるのか‥‥

そんな知識を与えて、夢を追いかける援助や協力をするべきだね。

なるほど。それが子どもを尊敬するということなのね。

知識を与えた後、どうするのかは子どもが決めるのよね。

そう。子供の「そのひとらしさ」を邪魔してはいけないんだ。

知識を得た結果、パイロットになるのをあきらめるのも、勉強するのも子どもの自由だ。

パイロットになりたいなら勉強しなさい!なんて叱るのは問題外だね。

 

パイロットになりたい子供

 

尊敬が必要なのはわかってきたわ。

でも、子どもが勉強しなかったら、親としての責任を放棄してることにならない?

今の世の中では、それが自然な感じ方かもしれないね。

でもそれでは、子どもの自立を邪魔することになってしまう。

「介入」は相手の課題を奪って、自立を邪魔する行為だからね。

親の責任は、子どもが子どもらしく生きていくために協力して、自立してもらうことなんだ。

極端な話、子どもがなりたいと思うものになるために、勉強が必要ないなら勉強なんてしなくていいんだ。

仕事を怠ける人も同じことね。

仕事に対してどのように向き合うかはその人の課題なんだから、頑張るのも怠けるのも、その人の自由ね。

仕事の場合は会社のルールがあるから完全に自由ではないけどね。

会社が決めたルールを守るレベルで怠けてるなら、それをどうこう言うのは介入になる。

「そのひとらしさ」を無視することになる。

難しいわね‥‥

そういう人も尊敬できないとね‥‥

なぜ怠けるのかを、知ることから始めないといけないわね‥‥

きみは相手が怠けていると思う。

相手はきみが頑張りすぎだと思う。

どちらが正しいかは、きみが決めることじゃないんだ。

どんなに相手がまちがっていると感じても、自分が正しいと思った瞬間に相手の課題への介入がはじまる。

 

絶対的な正しさなんて無い

船上で対立する二人

 

正しいとか間違ってるっていうのはひとそれぞれってことなのかな?
そうだよ。ひとはみんな、自分が正しいと思って生きているんだ。

勉強しないのも、仕事を怠けるのも、本人にとっては、それが正しいことだからだね。

正しさって、なんか宗教みたいね。

『本当の正しさ』なんて、この世のどこにも無いのね‥‥

神様みたいなものなのね。

おもしろいこと言うね。

たしかに『正しさ』は神様みたいなものだ。

自分の正義に酔いしれて他人を非難する人は『正しさ教』の信者だね。

『正しい』と思うことが間違っているとすると、結局どうしたらいいのかわからなくなってきたわ‥‥
きみが今感じている何が正しくて何が間違いかわからないという感覚。

これはすごく大事な感覚だよ。

『正しさ』なんて自分勝手な思い込みだと知っていないと、そういう感覚は得られない。

でもどうしたらいいのかわからない状況では困るだろうから、次回の話にもつながる結論を言うよ。

アドラー流の「本当の正しさ」というのは存在するんだ。

やっときたわね。
わかりやすくどうぞ。
『本当の正しさ』というのは、きみが決めることじゃない。

相手が決めることでもない。

お互いの正しさを認め合い、お互いが幸せになれる道を探す態度。

これこそが『本当の正しさ』だ。

・・・

どっちが正しいかなんて関係ない。

お互いが相手の『正しさ』を尊重して、お互いが幸せになる道を探っていくのね‥‥

正しさなんて、ひとそれぞれだ。

だから、相手の正しさを聞き、自分の正しさを主張して、

お互いの正しさの融合を目指す態度が必要になるんだよ。

『本当の正しさ』っていうのは相手との関係によって変わるのね。

自分でも、相手でもなくて、
二人で決めることなのね。

そのとおり。

『自分だけの正しさ』を捨てれば相手に『共感』することができる。

相手の立場で考える共感ができれば、相手のそのひとらしさを気づかう尊敬に進むことができる。

なるほどね。共感の話の時に正しさのことも言ってたわね。

『すべての人を尊敬する』って難しいことだけど、他人と仲間になる為には必要な気がしてきたわ。

自分が正しいと思うことに捕らわれずに、少しずつ目の前の人に共感することから始めるといいよ。

共感は『尊敬』と『横の関係』につながる大事な行動だからね。

そういえば今日は他者信頼の話だったわね。

尊敬の話が長くなってるけど、他人を信じる話に戻さなくていいの?

たしかにそうだ。
今日の残りのキーワード「信じる」の話をしないとね。
うん。
『信じる』というのが、具体的にどういう行動なのか?という話と、

最終的な『他者信頼』のまとめが残ってるから、今日はこれくらいにしておこうか。

そうね‥‥  今日の話は、内容が濃かったから疲れたわ。
よし、今日の話をまとめよう。

 

今日のまとめ

尊敬

 

きみがすべての人を尊敬できない理由はわかったかい?
それはわたしが『縦の関係』で生きているからよね。

相手が自分より上とか下とか差別するから、尊敬できる人とできない人が出てくる。

自分より上だと思ったら尊敬するし、下だと思ったら尊敬できない。

『横の関係』という、他人と対等な関係なら、すべてのひとが尊敬の対象になるわ。

そうだね。
尊敬の意味はわかったかい?
相手がそのひとらしく前向きに、成長していけるように気づかうこと、だったわね。
そのひとらしさというのは、どんなものだったかな?
ひとはみんな『自分が正しい』と思って生きているのよね。

つまり、ひとそれぞれ『正しい』と思うことは違っている。

そのひとが持っている、
そのひとだけの『正しさ』

それがそのひとらしさだと思うわ。

そうなると、尊敬するために必要なものがわかってくるね。
そうね。
まずは相手の持っている『正しさ』を知ることが必要になるわね。
相手の立場で考えて、相手の正しさを理解しようとする『共感』。

それが、他人を尊敬するためには必要だということだね。

相手に共感するためには『自分だけの正しさ』は捨てないといけない。

そうしないと『相手の正しさ』になんて目が向かないはずよ。

おっしゃるとおりだね。
自分の正しさと、相手の正しさを切り離して考えるには、やっぱり課題の分離が必要なんだと思ったわ。
ぼくもそう思うよ。この世に絶対的な正しさなんて無いんだ。

相手の人生は相手の課題なんだから、相手が正しいと思っていることは『自分の正しさ』とは切り離して考えるべきだ。

そうなると、すべての人を尊敬するための道順はこうなるわね。

まずは課題の分離をして、自分の正しさと相手の正しさを切り離す。

切り離したままでは孤立してしまうから、相手の正しさを邪魔しないように距離を縮めないといけない。

その時に使うのが共感ね。

相手の立場で考えて、相手の正しさを理解しようと努力する。

そのとおりだね。
そうすれば相手のそのひとらしさを気づかう尊敬ができるようになる。

それと同時に、自分の正しさを押し付けずに、他人と対等に接する横の関係を築ける。

共感は誰に対してでもできるから、他人に共感する態度さえ身につければ、みんなと横の関係を築けて、尊敬することができる。

つまり、すべてのひとを尊敬できる

 

共感・横の関係・尊敬の関連図

 

おお、見事にまとめてくれたね。
ぼくより上手じゃないかな。
でも、このまとめ方だと『自分らしさ』とか『自分の正しさ』の出番が無いわよね。

相手のことばっかり考えてる‥‥

『信じる』についての説明を次回にまわしたから、今日のまとめはそれで充分だよ。

自分と相手の正しさをミックスする『本当の正しさ』の話は次回だね。

他人との接し方って奥が深いわね。
なかなか終わりが見えてこないわ。
ラストは近いよ。
だから、もう少し頑張ろう。

 

次回に進みます

他者信頼3
アドラー心理学⑲信じるとはどういうこと?【他者信頼のまとめ】

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  【嫌われる勇気】の続編
大ベストセラー【嫌われる勇気】の
内容を、さらに具体的な行動に落と
し込んだ本です。
信頼に関しては、前作よりも
こちらの方が濃い内容です。

幸せになる勇気  amazonリンク

 

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.