アドラー心理学入門

アドラー心理学⑰他人を信頼するってどういうこと?

他者信頼

 

今日のポイント

無条件に他人を信じる

 

アドラー心理学が目標とするのは、

1・ありのままの自分を受け入れて
2・他人を無条件に信頼して
3・見返りを求めず他人に貢献できる

そんな人になることです。

 

共同体の中に自分の居場所があるという感覚を
身に付ける為に必要な3つの行動です。

 

今日はその2つ目の「他者信頼」を解説します。

他者信頼3

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

信頼するとだまされる?

疑う

 

アドラー心理学の解説も、いよいよラストに近づいてきたね。
前回の自分を受け入れる話は長かったけど、今日はどうなの?
重要な話だから長くなるね。

だから3回に分けて話すよ。
今日は短めに終わらせるつもりだ。

内容は、前回の『自己受容』よりはわかりやすいと思うよ。

他人を信頼する

言葉の意味はもちろんわかるけど、具体的に何をすれば良いのかよくわからないわね。

そうだよね。

「信じる」という言葉は、いろんな意味を持ってるしね。

しようと思って出来ることじゃ無い気もするんだけど‥‥
そこは重要だよね。

「無条件に他人を信じなさい」と言われても、嘘ばっかりつく人は信じられないよね。

そうそう。
でも、それをやるのがアドラー心理学だよ。
えー?わたしはイヤよ。
だまされたり、裏切られたりするんでしょ?
もちろん、バカ正直なおひとよしになれっていう単純な話じゃない。

誤解されないように解説するよ。

 

みんなと仲間になれる

仲間

 

最初に、他者信頼をする目的を簡単におさらいしておこうか。
アドラー心理学の最終目標である、共同体感覚を身に付けるためじゃなかったっけ?

 

共同体感覚

 

そうだね。
そして、アドラー心理学が目標とする人物像から考えると、

「社会と調和して暮らせる」
「他人を仲間だと感じる」

この2つを達成する為の行動だね。

 

人生の目標の図

 

他者信頼は、共同体感覚を身に付けるために必要で、それができると、

社会と調和して暮らすこと
他人を仲間だと思えること

この2つの助けになるって感じ?

そんな感じだね。

そして、他者信頼ができれば、次のテーマの「他者貢献」がしやすくなるんだよ。

前回の話でもあったわね。

受容  信頼  貢献 の3つは、完全にループしてるんだったわね。

そのとおりだね。

前回の自己受容も、他人を仲間と思えるきっかけになるんだけど、

他者信頼はもっと直接的なんだ。

他者信頼をする目的はなんとなくわかったわ。具体的に何をすれば、他者信頼できるようになるの?

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

他人を無条件に信じるとは?

相手を信じる女性

 

まずは他者信頼がどういう行動なのかを理解しよう。

簡単に言うと他人を無条件に信じるということだね。

うーん。

普通は条件をつけないと信じられないんじゃないの?

絶対に返してくれなさそうな人に、お金を貸したりできる?

そう思うのも無理はないね。

クレジットカードを作りたくても、「この人は返すはずだ」という信用がないと審査で落ちちゃうね。

うん。勉強をしない子どもは信じられないから監視するし、怠ける人に大事な仕事を任せたりしない。
普通はそうだよね。

裏切られるかもしれない、と感じたら信じない‥‥

うん。
このように相手を疑って、条件付きで信じることを信用と呼ぶんだ。

信頼というのはそういう条件を付けずに信じることなんだ。

信用信頼は違うんだね。

無条件で信じるなんてできる?

誰にでもお金を貸してたら、クレジットの会社は倒産してしまうわよ。

そうだね。
クレジットの会社の目的は利益を出すことだから『信用』でいいんだ。

でも、きみの場合は目的がちがう。

他人を仲間と思えるようになることが目的だから『信用』ではなくて『信頼』しないといけないんだ。

えー、お金を返してくれないのに、「貸してくれ」って言われたら貸さなきゃいけないの?
えらくお金の話にこだわるね。
まぁ、わかりやすい話だから構わないけど。

以前、アンパンマンの話をした時に、僕が言ったのを覚えてるかな。

「自己犠牲は続かない」

 

ヒーロー
アドラー心理学⑥自己犠牲のヒーロー・アンパンマンとアドラーが出会ったら

続きを見る

 

だいぶ前の話ね。

えーっと・・・

たしかその時もお金の話だったわ。

百万円持ってて、困ってる人に十万円ずつ渡してたら、そのうち自分が困ってる人になっちゃうって話?

そう。お金で他人を助けたかったら、まずは自分がお金持ちにならないといけない。

余ってる分をあげる、というふうにしないと、最終的に自分が困る。

アドラーは『自己犠牲』を否定するんだったわね。
続かないし、自分の生活が苦しくなったら他にいろんな問題が出てくるからね。
余ってなかったら貸さなくていいのね?それなら安心だわ。
身を滅ぼすような自己犠牲はダメだということだよ。

そうじゃない場合は、無条件に他人を信じるんだ。

じゃあ、勉強をしない子どもを信じて、自主性に任せるの?

怠け者を信じて、仕事を任せるの?

そう。それが他者信頼だ。
うーん‥‥
裏切られるのイヤなんだけどな‥‥
ふふ。こんな話で納得してくれるとは思ってないから安心していいよ。
なによ。
もったいぶらずに全部教えてよ。
他人を無条件に信じる。

これが出来るようになるためには、相手への「尊敬」が必要なんだ。

 

相手を「尊敬」する

相手を尊敬する女性

 

尊敬?

わたしは相手を尊敬してないから、

勉強を監視してしまう
仕事を任せられない

そう言いたいの?

そのとおりだよ。

他人を尊敬できなかったら、信頼もできないし、仲間とも思えない

うーん。

尊敬するかしないかなんて、自分の意思で決められるものじゃない気がするけど‥‥

第一、お金を返さないような人を尊敬なんてできるかな‥‥

尊敬できる人尊敬できない人がいるってことだね?
うん。
「すべての人を尊敬する」なんて出来ない?
うん。どう考えても無理があるわ。

尊敬って「あのひとのようになりたい」って思って、あこがれることじゃないの?

そんな人は少ないわよ。

なるほどね。これはじっくり話し合う必要があるね。
・・・わたしの尊敬と、アドラーの尊敬はちがうっぽいわね。
まぁね。
尊敬の話は長くなるから、今日はここで終わりにしておこうかな。
おっ、今日はあっさりしてるのね。
前回が長かったからありがたいわ。
その分、次回が長くなるけどね。
とりあえず今日の話をまとめよう。

 

今日のまとめ

他者信頼

 

他者信頼をひとことで表すと、他人を無条件に信じるということね。
そうだね。

相手を疑ってしまって、条件付きで信じることを信用と呼ぶ。

無条件で信じることを信頼と呼ぶ。

他人を仲間だと感じたり、社会と調和して生きるためには、他人を信用じゃなくて信頼しないといけない。
そこできみは、裏切られるのはイヤだから、他人を無条件に信じる信頼なんて出来ないと言ったね?
そうね。誰でもそうだと思うわ。

わたしには信じられる人と、信じられない人がいるわ。

でも、それをやるのが他者信頼だ。

そのために必要なのは、他人を尊敬することだったね。

尊敬ができなかったら他者信頼もできない。

他人を仲間と思えず、社会に馴染みづらい。

そんな流れだったわね。
だから次回に話すキーワードは、この3つになるね。

無条件 信じる 尊敬

他者信頼を詳しく見ていくのね。
『無条件』に『信じる』というのはどういうことなのか?

そのために必要な『尊敬』とは、具体的にはどういう行動なのか?

どうしても『尊敬』が出来ない人はどうしたらいいのか?

これらを噛みくだいて解説するよ。

その3つが分かれば「他者信頼」を理解できるのね?
そのとおりだよ。

共同体感覚の最後のピースである他者貢献に進むために、きっちり理解していこう。

 

次回に進みます

尊敬
アドラー心理学⑱他人を信頼するために、すべての人を尊敬する

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  【嫌われる勇気】の続編
大ベストセラー【嫌われる勇気】の
内容を、さらに具体的な行動に落と
し込んだ本です。
信頼に関しては、前作よりも
こちらの方が濃い内容です。

幸せになる勇気  amazonリンク

 

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

 

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.