課題を分離する

歩み寄っても関係が良くならない時はどうするか?アドラー心理学/課題の分離

感謝

 

1分で読める今日のまとめ

 

他人と意見が合わずに衝突する時

対立

 

自分から歩み寄っても関係が改善しない時

聞き入れてくれない

 

 
たいていの人は、関係が良くならないことを相手
のせいにします。
 

自分を守る為に、相手の方に原因があると考えて
しまいます。

他人のせいにするイメージ
 

これは自分は間違ってないと思うために、相手を
悪者に仕立て上げようとする心の仕組みです。
 

この心の仕組みに流されてしまうと、視野が狭く
なって、相手の悪い所ばかり探してしまいます。

 

「視野狭窄」と呼ばれる状態です。

相手との関係改善を望めない状態です。

 

視野狭窄から逃れるためには、相手がいなくなっ
たら困ること
を想像して下さい。
 

いなくなったら困ること。つまり、いてくれて助
かることは、そのまま感謝の気持ちになります。
 

相手の良いところも認めて、感謝の気持ちを伝え
ていきましょう。
 

そして、どうしても、
相手が歩み寄ってくれない
場合は・・・。
 

関係改善をあきらめる事も必要になります。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

前回のおさらい

年上の部下

 

前回は、苦手な年上の部下・Aさんの話をしたけど、あんまりうまくいってないみたいだね。
そうね。
ミコトにアドバイスをもらって実行してみたんだけどね・・・。
相変わらずだわ。
やっぱり君の言うことを聞いてくれないの?
うん。こっちから歩み寄ってコミュニケーションを取ろうとしたけど、
なかなか受け入れてもらえないわ。
聞く耳を持たないって感じ?
そう。
だんだん腹が立ってきたわ。
なかなか手こずってるみたいだね。

前回に僕が言ったことは実行してくれたんだね。

相手に変わって欲しかったら、まずは自分が変わらないといけない。

Aさんを避けてた自分から、積極的に関わっていく自分に変わらないといけない。

やってみたつもりなんだけどね。

 

前回の内容

他者信頼
年上の人が部下になった時の接し方・【課題の分離】を職場で実践する

続きを見る

 

君は理解が早いから、ちゃんとやったんだと思うよ。

相手の立場で考えることが出来ないと、ひとりよがりな接し方になってしまうよね。

相手の立場を想像するには、まずは相手を知らないと始まらない。

相手を知る為には避けていてはダメだ。積極的にコミュニケーションをとらないとね。

理解はしてるつもりよ。相手を知る努力をしようとしたわ。

だけど、相手に拒絶されちゃったら終わりじゃない?

なるほどね。僕も伝えきれてないところがあるね・・・。

じゃあ、もう少し踏み込んだ話をしよう。

そして、どうしても拒絶してくる相手への対処法も考えていこうか?

それは聞いておきたいわね。

私の行動に足りないものが有れば知りたいし、どうしても無理なケースもあるんじゃないかと思ってたところよ。

 

どんな気持ちで歩み寄っているか

歩み寄る

 

「だんだん腹が立ってきた」

君はさっき、そう言ったね?

言ったわね。
Aさんの為を思って歩み寄ってるのに、聞く耳を持たない感じだからムカついてるのよね。
君の気持ちはわかるよ。

年齢を意識してしまって、やるべき事をおろそかにしているのはAさんだからね。

そうよ。
仕事に年齢なんて関係ない。

私もAさんも、やるべき事はやらないといけないわ。

それが「課題の分離」だったね。

君の課題は、年齢を気にせず、出すべき指示を出すこと。

Aさんの課題は、年齢を気にせず上司である君の指示を実行すること。

 

課題の分離をおさらいする

人間関係に悩む女性
課題の分離を実践するコツとは?親子など5つの具体例を紹介する

続きを見る

 

そうよね。
ベストな指示かどうかはわからないけど、私なりにちゃんと考えて指示を出してるつもりよ。
うん。君は自分の課題にちゃんと向き合っているとしよう。

腹が立つのは、Aさんが自分の課題をおろそかにするからだね?

そうだと思う。
私が年下でも、言うことを聞いてもらわないと困るわ。
腹が立つのは、自分の方が正しいと思うからじゃない?
そりゃそうよ。
やるべき事をおろそかにしているのはAさんだわ。
私が正しくて、
Aさんが間違ってる。

そう言いたいんだね?

そうね。
残念ながら、それでは課題の分離をした意味が無いね。
どういう事?

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

自分が正しいと思ったら終わり

自分が正しい

 

「自分の方が正しい」と思った瞬間から、相手の課題への「介入」が始まる。

相手の行動を正したくなる。

この状況が続けば、君は怒って強制する道を進むだろう。

もしくは完全に敵対してしまって、無視するしかない道だね。

・・・。自分と相手の課題を切り分けて、相手の課題には介入しないのが「課題の分離」。

「自分の方が正しい」と思った時点で、課題を分離した意味が無くなってしまうのね。

そうなんだ。

君は、自分が正しいと思って行動している。

Aさんも、自分が正しいと思って行動している。

正しいと思うことが似ているなら問題なく一緒に行動できるけど、君とAさんは違う。

たしかに、正しいと思う事、つまり「価値観」がお互いに違うから、うまくいかないんでしょうね。
君がどんなに間違っていると感じても、Aさんにとっては、それが正しいことなんだ。

「お前が間違ってるんだ!」
なんて言っても「うるせぇ!」としか返ってこない。

ふふ、なんとなく想像できるわ。
お互いが自分の価値観を主張するだけでは、いつまでたっても平行線だ。近づけない。
そうね。だから私は歩み寄ったつもりなんだけどね。

相手の事を知ろうとしたり、言葉遣いに気を付けたりしたわ。

そう。近づくためには、歩み寄らないといけない。

じゃあ、どこを目指して歩み寄るんだろうか?

相手の価値観を目指して歩み寄るんじゃないの?
方向はそれで合ってる。

でも、相手の価値観に合わせてしまったら、自分の課題がおろそかになるね。

たしかに。
私がAさんの価値観に合わせてしまったら、Aさんは私の指示を聞かなくていい事になってしまうわね。

じゃあどうしたらいいの?

相手に合わせず、
自分にも合わせてもらわず、
中間地点を目指すんだ。
中間地点?
相手に完全に合わせてしまうのは「服従」だね。

自分のやるべき事がおろそかになるし、自由を失う。

逆に、自分に合わせさせるのは
「介入」だ。

相手が自らの課題に向き合うチャンスを奪ってしまう。

なるほど。
だから中間を目指すのね。
お互いが、自分の主張の半分を譲り合えば、衝突は起きないよね。
言ってる事はわかるけど、ちょっと抽象的すぎる話ね。

具体的に何をすればいいのか、よくわからないわ。

そうだね。
具体的な話はこれからするよ。
でも心構えみたいなものはわかったわ。

他人と接する時は、自分の方が正しいと思ってしまったら、それ以上近づくことは出来ないのね。

相手に合わせるのでも、自分に合わせてもらうのでもなく、

お互いが譲り合って、中間地点を目指さないといけない。

そうそう。

お互いが相手を対等な人間だと尊重できたら、自然とそうなるんだ。

自分が正しいと思う事と、相手が正しいと思う事は、同じ価値なんだ。

どんなにおかしいと感じる価値観でも、その人にとってはそれが正義なんだからね。

Aさんを見下しているつもりなんて無かったけど、ムカついたという事はAさんの価値観を尊重できてなかった証拠ね。
その通り。それを理解してくれたら具体的な話に移れるよ。

 

相手の価値観を尊重する

お互いに歩み寄るイメージ

 

そうなってくると考える事は2つね。

どうやったら相手の価値観を
尊重できるか?

相手が全く歩み寄って来ない時は
どうするか?

理解が早くて助かるよ。
まずは価値観の話をしよう。
うん。
課題の分離をした後は、相手の立場を尊重して、相手の立場で考えて行動するんだったね?

 

課題の分離のプロセス

 

そうね。私はそうしようとして、途中で腹を立ててしまったわ。
相手を知る努力をして、相手の立場を想像する所でつまづいた感じだね。
そんな感じね。
お互いにとってプラスになるような提案をする所まで行ってないわね。
結論から先に言おうか。

君が腹を立てたのは「視野狭窄」と呼ばれる状態に陥ったからなんだ。

「しやきょうさく」ってなんか聞いたことあるわね。
視野が狭くなるという意味だね。

簡単に言うと、相手の気に食わないところばかりに目が向いてしまう状態だ。

ああ‥‥なんとなく実感あるかも。
他人との関係がうまくいかない時、人間は他人のせいにしてしまう。

自分を守るために、心の仕組み上、どうしてもそうなってしまいがちなんだ。

・・・。
そして、「自分は悪くない」と思う為に、他人の悪いところばかりに目を向ける。
自分を守るために、
視野が狭くなる・・・。

たしかに、Aさんの悪いところばかり考えてたかもしれないわ。

自分の方が正しいと思えるような証拠を探す感じだね。

この状態になってしまうと、相手の立場を尊重するのは難しくなるね。

悪いところばかり探してたら、ますます嫌いになるだけだわ。

何か、視野狭窄から抜け出すコツみたいなものは無いの?

あるよ。

僕が他人への不満ばかり考えてしまう時・・・つまり視野狭窄を感じた時に実際に使ってる対処法だ。

いいわね、それ。教えてよ。

 

感謝の気持ちに目を向ける

感謝

 

ホントは自分で気づいて欲しいけどね。わかったよ。

まずは、相手がいなくなったら困ることを考えるんだ。

Aさんがいなくなって困ること‥‥
そして、その困ることがわかれば、それはそのまま相手への感謝の気持ちになるはずだ。
たしかに、いなくなって困るということは、いてくれて助かるということだものね。
そう。視野狭窄に陥った時、相手への感謝の気持ちなんかは間違いなくどこかに吹き飛んでしまっている。

見えなくなってしまっている部分に目を向ける為に、相手がいなくなったらどうなるか想像するんだ。

そして、感謝の気持ちを掘り起こすのね?
そうだね。いきなりAさんがいなくなったら、困ることがあるだろう?

Aさんだって、一日中何もしてないわけじゃないはずだよ。

うーん。いきなりいなくなったら仕事をまわすのが大変ね。

私の指示はおろそかにしたりするけど、言われなくても同僚のフォローをしたり、トラブルを自分で解決したりしてるみたいね。

悪いところばかり探してたら、そういう良いところは見逃されるんだ。
たしかにそうかも。

腹を立ててた時は、Aさんがいて助かってる部分には全く注目してなかったわ。

いなくなったら困ることを想像して、感謝の気持ちに目を向ける

これをやるだけでも視野は広がるはずだよ。実際、僕も毎日のように実践してる。

そんな頻繁に?
仕事や人間関係でストレスがたまった時なんかは特にね。

不満ばかり考えてしまう時は、おかしな考えに陥らないように実践するよ。

なるほどね。視野狭窄になることは
前提で考えてるのね。
視野狭窄は心の仕組みだからね。
なるのは仕方ないんだ。
Aさんに感謝するなんて発想はなかったわ。

視野を広げて、ちゃんと良いところも見ないとね。

できれば、その感謝の気持ちを伝えるといいね。
そうね。
無理にコミュニケーションを取るよりも、その方が出来る気がするわ。

 

あきらめても良い

あきらめようか

 

今日の話もこれで最後だよ。

相手が全く歩み寄って来ない時は
どうするか?

忘れてたわ。
それも聞いておかないと。
これは簡単だよ。
どうやっても相手が歩み寄ってくれない時は、あきらめるしかないね。
えー?なんかえらくあっさりしてるわね。
どうやったって無理な場合もある。

君もひとりの部下に振り回され続けるのは困るはずだ。

そりゃそうだけど。
さっき話したことを思い出そう。

相手に合わせず、自分にも合わせてもらわず、お互いに中間地点を目指して譲り合うのが理想だったね。

覚えてるわよ。
難しいのは「中間」ってところね。

私だけが譲って、歩み寄ってもダメって事よね。

そう。お互いにとって良い関係を続けようと思ったら、お互いが相手を尊重しないといけない。

Aさんを対等な存在として尊重して、Aさんの言い分も聞き入れて、

それを踏まえて二人の間の妥協点を提案しても、それをどう考えるかはAさんの自由だ。

提案に乗って来ない事も有り得る。

私の言う事を聞くかどうかはAさんの課題だものね。

強制したところで、根本的には解決しない問題ね。

君の人生なんだから、君の好きなように生きればいいんだ。

だから、君がどうしてもイヤになったら関係改善をあきらめればいい。

その時は、嫌われる勇気を持って、君の課題に集中する。

年齢なんか気にせずに、出すべき指示を出す。

嫌われる勇気か・・・
もちろん、あきらめるのは努力した後だよ。
それはわかってるわ。

私の場合は、まだ二人の間の妥協点を提案する事も出来てないからね。

まずはAさんがいなくなったら困ることを、たくさん想像してみるわ。

それからどうしようか?
その後は、感謝の気持ちを簡単に伝えてみようかな。

もしコミュニケーションが取れるようになったら、Aさんの立場で考えて、Aさんにとっても、私にとってもプラスになるような妥協点を探ってみるわ。

その意気だよ。
上司からそんな接し方をされたら、僕だったらすごく嬉しいね。

 

オマケ 指示の出し方の
アドバイス

質問する

 

何か他にアドバイスは有る?
そうだね‥‥

指示の出し方は「やって下さい」
よりも、

「やってもらっていいですか?
任せていいですか?」

という疑問形にして、
返答をもらうのがいいかもね。

なるほど。アドラー的に考えると強制ではなく提案するんだものね。
それと、指示を出すときは、必ず理由を添えよう。

「~~ が~~ なので、
~~ を任せてもいいですか?」

みたいな感じだね。

そうすれば、君の言う事に従う、というニュアンスが薄まって、Aさんも受け入れやすいんじゃないかな?

Aさんの立場で考えたら、その方がいいかもしれないわね。

 

人間関係に悩む女性
課題の分離を実践するコツとは?親子など5つの具体例を紹介する

続きを見る

他者信頼
年上の人が部下になった時の接し方・【課題の分離】を職場で実践する

続きを見る

人間関係のイメージ
アドラー心理学⑤「課題の分離」で人間関係をすっきりさせる

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください

 

 

-課題を分離する

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.