課題を分離する

課題の分離を実践するコツとは?親子など5つの具体例を紹介する

人間関係に悩む女性

 

人間関係には、あなたを悩ませる
さまざまな問題が付きまといます。

 

 自分らしく生きられない
 言う事を聞いてもらえない
 他人に振り回される
 他人の行動が許せない

 

アドラー心理学の「課題の分離」を実践すると、
これらの大部分が解決します。
 

課題・分離・介入

 
この3つのキーワードを理解して
課題の分離をするコツを掴んでください。
 

記事の最後に具体例を5つ紹介しています。
今すぐ実践したい方はそちらをご覧ください。

分離する

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

▶スマホばかり触る子供
▶職場での人間関係
▶恋愛が長続きしない
▶介入された場合の対処法
▶課題の分離ができない!

 

3つのキーワード

課題・分離・介入を紹介する女性

 

課題・分離・介入

この3つのキーワードを理解すれば、
課題の分離ができるようになります。

ひとつずつ解説していきます。

 

課題 とは
やるべきこと という意味です


やらないと誰かが困ることが課題です。

勉強をやらなくて、将来困るとしたら
それは親ではなくて子供です。

ですから、勉強は子供の課題です。

 

やるべき事のイメージ群
いろんな課題のイメージ
(やらないと誰かが困る)

 

 

分離 とは
境界線を引く という意味です

 
境界線は自分と他人の間に引きます。

自分以外の人間は、すべて他人です。

自分が親だったら のようなイメージです。

 

境界線を引いたイメージ
他人の課題と、自分の課題を
境界線を引いて分離する

 

 

ここまでが「課題の分離」です。

自分がやるべき事と、
他人がやるべき事の間に境界線を引いて、
切り離して考えるのが課題の分離です。

そして、最後の「介入」の話に進みます。

 

 

介入 とは
境界線を踏み越えること です

 
課題の分離をした後は、境界線を踏み越えない
ように気を付けます。

境界線を踏み越えることは、
他人の課題に「介入」することになります。

他人の家に勝手に上がり込むイメージです。

 

 

「介入」は、自立の邪魔をします。

過保護な親は、子供の課題を取り上げてしまって
一人では何も決断できない大人を作り上げます。

子供に、自分の課題を自分で乗り越える力を
身につけて欲しかったら介入してはいけません。

 

逆に自分の課題に「介入される」と、
自分らしい生き方が邪魔をされます。

 

 

オススメしたい本

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。アドラー心理学の出発点・
「課題の分離」もしっかり解説され
ています。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

 

課題の分離は冷たい?

目の前の相手

 

まずは「誰の課題か?」を考える。

自分と他人の課題を切り離す。

他人の課題には踏み込まない。
自分の課題には踏み込ませない。

ここまでは理解してもらえたかな?

なんとなく理解は出来たわ。

でも課題の分離って、なんか冷たい感じがするんだけど‥‥。

自分と他人を切り離すなんて。

まぁ、最初はそう感じるかもね。
「みんな自分勝手に生きましょう」
って言われてる気がするわ。
なるほどね。
自分と他人を切り離して、お互いに干渉しないって聞くと、

自分勝手な生き方を勧めてるのか?
って思う人もいるだろうね。

そうそう。
まさに今の私がそんな感じ。
もちろんアドラーは、
「みんな自分勝手に生きろ」と
言ってるわけじゃないよ。

他人の人生を尊重して干渉せず、
自分のやるべき事に集中するのが
課題の分離の目的なんだ。

もう少し詳しく説明するよ。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

親子の課題を分離する

見つめあう親子

 

子供が勉強しなくても、ほったらかす親って無責任じゃないかな?
そう、無責任だ。
親の課題をさぼってるからね。
でも、勉強しろって言っちゃいけないんでしょ?
そうだね。
子供の課題に介入する事になる。
じゃあ、親は何をすればいいの?
まずは勉強する事が、本当にその子の為になるかどうかを、真剣に考えるべきだね。

子供の立場で考えるんだ。

学校に行ってて宿題も出てるんだから勉強するのは当然だと思うわ。

まわりの子に置いてかれたら可哀そうじゃない?

多くの人は、そうやって子供の意見を無視して勉強させようとするね。

でも、子供が勉強しないのは、
勉強する意味がわかっていないからだと思わない?

勉強する意味?
勉強しない子供は、こう思ってるんじゃないかな。

「どうしてこんな事をしないといけないの?」

まあ、そうかもしれないわね。
そんな子供の疑問を無視して、ろくな答えも示さずに、

「いいから勉強しなさい!」では子供も納得いかないよね。

勉強は、しないより、した方が良いわよ。将来困るかもしれないし。
それは、子供が自分の人生の為に、自分で決める事なんだ。

子供の課題だ。

子供は勉強する意味を知らないんだから、人生経験がある大人が教えないといけないんじゃないの?
そう、まさにそれだよ。
? 
勉強を強制するのではなくて、
勉強することの意味を教える

これが親の課題だ。

強制せずに、意味を教える‥‥

もうすこし具体的に教えてくれる?

もちろんだよ。

勉強しろ!っていうのは強制だ。
これはしちゃいけない。

意味を教えるっていうのは、

勉強したらどうなるのか?
勉強しなかったらどうなるのか?

これを教えるって事だね。

まったく勉強しなかったら、医者や弁護士には絶対なれないよね。

なるほど。
知らない事は教えてあげないとね。
知らない事を教えてあげて、
知った後どうするかは子供の判断に
任せるんだ。

子供が「医者になりたい」って言ってるなら、医者になる為に必要な勉強の仕方を提案する。

強制してはいけない。

強制せずに、行動の意味を教えて、
提案をする。判断は子供に委ねる。
そうそう。親の課題を短くまとめるとそうなるね。
言ってる事はわかるけど、ちょっと頭がこんがらがってきたわ。
よし、じゃあ課題の分離を最初からおさらいしてみよう。

 

最初から流れをおさらい

子供の成長を見守る

 

課題の分離を振り返ってみよう。

勉強が子供の課題だって事は同意してくれてるかな?

それは同意するわ。

勉強しなくて、最終的に一番困るのは子供だわ。

就きたい職業に就けなかったり、無知が自信を損なうかもしれない。

勉強は子供の課題ね。

そうだね。じゃあ、
子供の課題に「介入」する事がダメな理由も理解してくれてるかい?
完全ではないけどね。
理解はしてるつもりよ。

たしか「介入」は、相手の自立を
邪魔するんだったわね。

相手の人生を思うなら、相手の課題に手を出してはいけない。

具体的な例は出せる?
そうね‥‥。

ずっとご飯を食べさせてたら、お箸の使い方は覚えないわね。

友達と喧嘩するたびに親が出ていったら仲直りの仕方を学べないし。

親が出しゃばったら
子供は学習できない。

ちゃんと理解してくれてるね。

勉強も親が代わりにやったって意味ないよね。

そのとおりね。
ここで考えないといけないのは、

「やり方」だけではなくて、

「やるか やらないか」

にも口出ししないって事だ。

どういう事?
お箸を使わなくたって
ご飯は食べられる。

友達と仲直りしなくても
死にゃあしない。

それはそうだけど‥‥。
お箸を使って御飯を食べる。
友達とは仲良くしないといけない。

これらは単なる親の思い込みだ。

お箸を使わずに御飯を食べる革新的な方法を思いつくかもしれない。

誰とも仲良くせずに、孤高の存在として素晴らしい画家になる道があるかもしれない。

子供に常識を押し付けるなって事?
そうだね。時代や環境が変われば、常識も変わってしまうからね。

子供の将来には、親が考えもつかないような「可能性」が秘められているという事だよ。

「介入」は、子供の自立を邪魔すると同時に、素晴らしい可能性も潰してしまうんだ。

なるほどね。

親の価値観でガッチガチに教育したら、それを超えたり、まったく別の道で成功する未来を潰してしまうかもしれないわね。

やるかやらないかも子供の自由。

やり方も子供の自由だ。

だって、子供の人生なんだから。

親の期待を満たすために生きてるんじゃないんだ。

失敗したって、それは良い経験だ。

失敗の無い人生なんて無いんだから、子供のうちに失敗からの立ち直り方を覚えておかないと、情けない大人になってしまう。

子供も、親と同じような人間として扱うって感じなのかな?
そのとおりだね。

親と同じ価値を持つ人間として
対等な存在として扱うんだ。

君は親友や同僚に、あれしろ、これしろ、言わないだろ?

そうね。間違ってると思っても、親友の価値観は尊重するわね。

アドバイスくらいはするかもしれないけど。

子供も同じだよ。

親友や同僚と接するように、
強制ではなく、提案をするべきだ。

たしかにね。

親友に強制なんてしないわね。

自分と対等な人間だと認めていたら、強制なんて出来ないんだ。

自分の方が正しいと思い込んで、相手を見下すから強制したくなる。

子供を未熟な人間だと見下す事はやめよう。

親と同じ価値を持つ一人の人間なんだと認識を改めよう。

子供の自立はそこから始まるんだ。

そういえば、
親は何をすればいいの?って私が聞いた時、最初に言ってたわね。

「本当にその子の為になるかどうか、真剣に考えるべきだね。子供の立場に立って考えるんだ。」

結局はこれなんだ。

子供の為になる事なんて、親の狭い価値観ではわかるはずがないんだ。

子供は可能性に満ちあふれている。

だから真剣に、子供の立場で考えないといけない。

勉強を頑張る事が、本当にこの子の為になるのか?

この子の可能性は、別の道にあるんじゃないだろうか?

もっと選択肢を与えるべきではないだろうか?

まずは真剣に子供の立場で考える。

そして強制ではなくて提案をする。

そう。何を、どうするか、は子供が決める事だ。

親は子供の選択肢を増やす為に、知らない事は教えて提案をするんだ。

勉強を頑張る道。別の事をする道。

どんな道を選ぶかは子供の自由だ。
 

子供が「やる」と決めた事を応援するのが親の課題、とも言えるね。

親の課題って大変ね‥‥。
そりゃそうだよ。他人の人生をサポートするんだからね。

子供の可能性を潰さないために、親もたくさん勉強しないといけない。

子供を他人と考える事に抵抗があったけど、対等な人間として扱うって聞いたらスッキリしたわ。

私も親からそんな扱いを受けたかったわね。

僕が教えてもらう立場になる未来もあったかもね。

 

まとめ

子供の可能性

結局、課題の分離って、分離した後の話がメインになるのね?
そのとおり。

誰の課題なのかを考えて、他人の課題の邪魔をせず、自分の課題の邪魔をさせないのが課題の分離だ。

アドラー心理学はここからスタート
する。

でも他人との関係を良くする為には、その後が重要という事だね。

他人の課題には介入せず、どうやって関係を深めていくのか‥‥。
その為には、まずは他人の立場を理解する努力をするんだ。

自分と同じ価値を持つ一人の人間として、相手を見るんだ。

相手が子供であっても、部下であっても同じなのね。
家庭でも職場でも恋愛でも一緒だ。

相手は自分より上でも下でもない。
対等な存在なんだ。

強制せず、知らない事を教えて、提案をして、その後は相手に任せる。

相手を対等な人間だと考えたら出来るはずだ。

そもそも、自分を見下してくる人の言う事なんて聞きたくないよね?

たしかに。
どんなに自分が未熟でも、見下されたら頑張る気も起きないわ。

 

具体例を5つ紹介

今日はわかりやすい例として親子の関係を話題にしたけど、

職場、夫婦、恋愛とかの具体例も出したほうが理解しやすいよね。

自分が介入された時の対処法も考えておきたいね。

見下されて、介入された時の話は気になるわね。

あと、スマホばかり触ってる子供の話もして欲しいわ。

なるほど。子育てを考えるときに
スマホの話は避けられないね。

 

スマホばかり触る子供

赤ちゃんとスマホ

 

四六時中、スマホばかり見てる子供って、どんな風に育つんだろうね。
スマホ依存症という言葉があるくらいだから危険じゃない?

眠れなくなったり、視野が狭くなったりするらしいわよ。

そうだね。でもテクノロジーに触れるのは大事なことだ。

スマホの使い方を、自分でコントロールして、必要な時に使わないと時間を浪費させられる。

時間を浪費・・・。
インターネットを使って無料で楽しめるサービスには、必ず落とし穴があるんだ。

現代の親は、スマホとどう向き合うかを考えないといけないね。

 

課題の分離で考える【スマホと子育て】

赤ちゃんとスマホ
スマホばかり触っても子供は大丈夫?子育てに役立つ課題の分離

続きを見る

 

職場での人間関係

他者信頼

 

年上の人が部下になったりして、
やりづらさを感じてる人ってたくさんいると思わない?
実際ぼくも経験あるよ。
相手が年齢にこだわる人だと面倒なことになるよね。

でも職場の話は、課題の分離をすると効果てきめんだよ。

そうなの?ぜひ聞きたい案件だわ。
やるべき仕事には、年齢も性別も関係ないんだ。

相手が年上でも、自分の課題をしっかり把握していれば解決できるよ。

 

課題の分離で考える【年上の部下】

他者信頼
年上の人が部下になった時の接し方・【課題の分離】を職場で実践する

続きを見る

感謝
歩み寄っても関係が良くならない時はどうするか?アドラー心理学/課題の分離

続きを見る

 

恋愛が長続きしない

恋愛

 

恋人を大事にしてるつもりでも、うまくいかない人っているね。
うん、いる。優しくしてるのに、すれ違っちゃう人ね。
そういう人は、大事にするものを間違えている可能性がある。

自分の価値観を押し付けてしまっているかもしれない。

優しくするのって間違いなの?
そうじゃないんだ。

相手には優しさよりも大切なものがあって、それを求めてるのかもしれない、という事だよ。

・・価値観は人それぞれだもんね。
恋愛の問題はとても難しい。

相手の自由を奪えば嫌われる。

かと言って、相手に合わせるだけでは自分が苦しむ。

・・・。
難しい問題だからこそ、シンプルに考えないといけないんだ。

課題の分離をして、自分のやるべきことをハッキリさせよう。

 

恋愛が長続きしない問題を解決する

恋愛
【課題の分離】恋愛が長続きしない?相手の自由を尊重しよう

続きを見る

 

介入された場合の対処法

介入を拒絶する

 

他人の課題に介入しない、って話はたくさんあるんだけど、

自分が介入された時にどうしたらいいかも考えておきたいよね。

そうね。自由な生き方を守るために必要な話だわ。
自由を手に入れたかったら、楽はできないんだ。

自分の課題をおろそかにしていると、他人から見下されやすくなって、介入を受けてしまう。

??
つまりどういうことなの?
もし君が、適当に楽をして生きていたら、他人が口出しする隙を与えることになるんだ。

他人が口出しできないくらい、真剣に自分のやるべきことに向き合えば、介入される可能性は低くなる。

・・・なんか難しそうな話ね。
そんなことはないよ。

どうすれば介入を拒んだり、介入されないように出来るか考えよう。

 

介入されたらどうすればいい?

介入を拒絶する
介入されたらどうする?介入されない為には?課題の分離◆上級編

続きを見る

 

課題の分離ができない!わからない!

課題の分離が出来ずに悩む女性

 

課題の分離をやってみたんだけど、「誰の課題か?」って考えても分からない時があるのよね・・。
実際にやってみたんだね。

誰の課題か分からなかったら、分離のしようが無いから困っちゃうね。

そうそう。
課題の持ち主が誰なのか、イマイチわかりづらい・・・

そんな時は、その時、一番の当事者を考えるんだよ。

一番の当事者?
そう。共同体には課題がたくさん有るから、誰がやるべきなのかは状況によって変わるんだ。

当事者や適任者を、その都度考えないといけない場面もあるんだよ。

 

課題の分離ができない人への処方せん

課題の分離が出来ずに悩む女性
課題の分離ができない!わからない!そんな時は一番の当事者を考えよう

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください

 

 

 

-課題を分離する

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.