課題を分離する

【アドラー心理学】愛されキャラになる3ステップ・特徴を知ろう

愛し合う2人

 

今日のポイント

愛される人になる

 

愛されキャラになりたい人はたくさんいます。
 

あなたもその一人ではないでしょうか?
 

今日はアドラー心理学を使って、愛されキャラになる為の3ステップを解説していきます。
 

世の中では、愛に飢えている人に向けて、いろんなテクニックが紹介されています。
 

そんな小手先のテクニックで愛されたら楽でいいのですが、現実はそううまくはいきません。

 

結論から先に言います。

愛に飢えている人は、愛されません。

 
一度、考えてみて下さい。

愛されたいと思う相手に、
あなたは何をしてあげられますか?

自分を愛していますか?

彼女を援助する男性

 

 

愛する人

 

今日はアドラー心理学を使って、愛されキャラになる為の3ステップを話していくよ。
愛されるための行動には3つの段階があるってこと?
そんな感じの理解でかまわないよ。
どんな段階があるの?
次の3つの段階だよ。

 

愛されるのを待ってるだけ

愛されるために努力する

自然にみんなから愛される

 

ふーん。よくわからないけど詳しく教えてくれるんでしょ?
もちろんわかりやすく教えるよ。

 

愛されキャラは気楽じゃない

自分を愛する

 

世の中には、愛されなくて困ってる人があふれてるわ。

そういう人から見たら、愛されキャラって気楽な存在じゃないかな?

そうかもね。
でも今日のテーマは気楽な話じゃないんだ。きつい言葉も出てくるよ。
えー?お姫様みたいに、みんなに愛されて気楽に生きる為の話をしてくれるんじゃないの?
残念ながらね。
そういう甘い話じゃないんだ。
じゃあ、どんな話になるの?
まずはファーストステップだ。

愛されたかったら「愛の乞食」になるな、という話をしていくよ。

乞食‥‥。
「もらうことばかり考えるな」という話だね。

 

与えるから、返ってくる

美人

 

「愛されキャラ」って、どんなイメージを持ってる?
そうね‥‥。
自分からアピールしなくても告白されたり、ちやほやされたりする人をイメージするわね。
特別な事はしてないのに、モテてしまうような人って感じだね。

職場や学校だったらどうかな?

うーん・・・。

職場だったら、上司がすごく面倒みてくれるイメージかな。

学校だったら、先生から特に心配されたり、アドバイスされたりする子がいたわね。

その愛されちゃう人たちは、君から見たら「もらってばっかり」みたいな印象じゃないかな。
そんな感じかもね。
努力しなくても愛情をもらってるように見えるわね。
少し掘り下げて考えてみよう。

その人たちは本当にもらってばかりなんだろうか?

相手に何かを与えているんじゃないだろうか?

うーん。美人がみんなから、ちやほやされるのは美しいからよね。

相手に何かを与えてるとしたら‥‥

美人と一緒にいると自慢できるとか、そういう事?

そういう見栄みたいなものも与えてるだろうね。

単純に見た目が美しいものが好きな人もいる。

自分の見た目に劣等感がある人は、美人と付き合うことでイケメンたちを見返してやりたいかもしれない。

美人はそういう望みを叶えてあげれるから、何もしていなくても
「与えている」ことになるのね?
そのとおり。美人は何もしなくても好かれるように見えるけど、実は与えている。
たしかに美人は何もしなくても、美人でいるだけで他人の望みを叶える部分はあるわね。

美人は得だわ。

幸せかどうかは別の問題だけどね。
まぁそうだけどね。

上司や先生から可愛がられる人はどうなの?

それも美人と同様だね。

上司や先生に、何かを与えているはずだよ。

たとえば何を与えてるの?
いろんなケースが考えられるね。

例えば上司だったら、やって欲しい仕事があるけど、パワハラになるから言えない事があるかもしれない。

先生だったら、こんな質問をしてくる生徒がいたらなぁ、と思って仕事をしているかもしれない。

もし、そんな期待に応える部下や生徒がいたら・・・。

たぶん気に入られるでしょうね。
そうだろうね。

言われなくても自発的にやってくれたら‥‥

俺の授業に前向きに取り組んだら、こんな質問が来るはずなんだが‥‥

そんな期待を満たしてくれる人がいたら嬉しいよね。

うん。愛されるのも当然だと思う。
僕が何を言いたいかというと、
「与えるから返ってくる」
っていう事なんだ。

もらってるだけに見えたとしても、
実は先に相手に与えている。

与えるから、与えられる。
愛するから、愛される。

なんとなくわかってきたわ。

愛され上手なひとは、
「愛されるにふさわしい何か」を相手に与えているって事ね?

そうそう。
もらってるばかりじゃないんだ。

 

愛の乞食から抜け出す

抜け出す

 

アンケートをとると、
愛するよりも愛されたい人の方がだいぶ多いらしいね。

アンケート結果

https://cancam.jp/archives/831769

そりゃそうでしょう。
愛してばっかりで愛されなかったらバカらしいわ。
それは言い換えると、与えてばっかりで、お返しがなかったら腹が立つ、という事かな?
まぁ、そうね。
見返りを求めてしまうと、自然とそうなってしまうよね。
見返りを求めるのは当然じゃない?

与えてばっかりじゃ、なんか一方的に損してる感じがするわ。

ふふ、それは目的が完全にすり替わってるね。

与える目的が、相手の為ではなくて自分の為になってしまっているよ。

・・・。
純粋に相手の為を思って「与える」としたら、お返しなんて必要ないはずだよ。

お返しを期待して「与える」のは自分の為なんだ。

お返しを強制されたら相手は素直に喜べない。

なんか頭がこんがらがってきたわ。

与えないと返ってこない。

でもお返しを期待して与えるのは間違っている‥‥。

どうすればいいかわからないわ。

わかりやすく、かみ砕いていこう。

愛されたいと思う人って、愛が足りてないってことじゃないかな?

そうね。愛が足りてたら愛されたいなんて思わないでしょうね。
「愛してくれ、愛してくれ」ってみんなに頼みまくって、乞食のように愛を求めれば愛されるのかな。
無理でしょうね。そんなに簡単に愛されたら苦労しないわ。
君はさっき、ひとつの答えにたどり着いたよね。

愛され上手な人は
「愛されるにふさわしい何か」を相手に与えている。

うん。
たしかにそうだろうなと思うわ。
「愛されるにふさわしい何か」を相手に与える事を、

無理なく自然に出来てしまう人が
「愛されキャラ」だと考えればいいんじゃないかな。

あーなるほど。自然に愛をふるまっちゃうような人ね。

たしかにそんな人は、みんなに愛されるでしょうね。

見返りを求めずに、他人に与えることが出来れば、

第3段階の愛されキャラになれる。

これはなかなか難しい。
でもそんな人いるよね。

うん。
他人の為になること自体に喜びを感じるような人は見たことあるわ。

たしかにその人は、見返りなんて期待してなかったわね。

もちろん、見返りを求める人でも愛は手に入るよ。

「愛されるにふさわしい何か」を相手に与える事ができれば愛される。

これは第2段階だね。

第2段階っていうと、
待ってるだけの「愛の乞食」から抜け出した状態ね。

愛される為に努力する第2段階。

そう。第2段階の人は、愛される為に努力をする。

愛される為には、こちらから愛さないといけないと理解して、行動に移す段階だね。

愛されるのを待ってるだけの第1段階。

愛されるためには、相手に与えることが必要だと理解した第2段階。

‥‥なんとなく第2段階までは行ける気がするんだけど、第3段階の愛されキャラって難しくない?

 

愛されキャラになる為に

自分を愛する女性

 

そう。難しいんだ。

見返りを求めずに他人を愛するのは難しい。

だからまずは第2段階を目指そう。

愛されることを待つんじゃなくて
こちらから相手を愛するんだよ。

「与えるから、返ってくる」
「愛するから、愛される」

これを忘れないようにするのね。

そのとおり。

でも第2段階は見返りを求めている状態だ。

この状態では、相手からお返しが無い時に問題が発生する。

与えてばっかりなのを不満に思って怒ったり、与えるのがイヤになったりするかもね。
そんな感じで愛が不足して、愛が続かないんだ。

だから、最終的に目指すのは第3段階だ。

呼吸をするように、無理なく自然に他人を愛せる人を目指す。

無理なく自然に、他人を愛する為にはどうしたらいいの?
自分を愛するんだ。
自分を愛する??
そう。「愛」を「お金」で例えるとわかりやすいね。

みんなにお金を与えようと思ったら、余るくらいにたくさん稼がないといけないよね。

まぁ、そうね。
貯金が無くなったら、お金を与えるどころじゃないわ。
そうだよね。
他人にお金をあげたかったら、自分でたくさん稼がないといけない。

「愛」も同じなんだ。

なるほど‥‥。

自分を愛して、愛をたくさん補充する。

余った分はひとにあげる。

そうすれば誰も困らないわね。

そのとおりだよ。
自分を愛すれば愛するほど、まわりの人の為になって、自然と愛が返ってくる。

もし返って来なくても問題ない。

愛され上手って、すごい人なのね。

たしかに、みんなに愛されるキャラって自分を愛してる気がするわ。

 

【今日のまとめ】

愛し合う2人

 

そろそろ今日の話をまとめよう。
愛されキャラになる為の3ステップだったわね。
1、愛の乞食状態から抜け出す

2、他人を愛する

3、自分を愛する

この3ステップだね。

待ってるだけでは愛は手に入らないから、こちらから相手の為になるような行動をする。

そして返って来なくても愛が不足しないように、自分を愛するのね。

「愛する」とは、相手の為に行動すること。

他人を愛する時は相手の為に、自分を愛する時は自分の為に行動する。

なんか言葉にすると簡単だね。

簡単というより、ちょっと抽象的すぎるわ。

わたしは明日から、
どう行動したらいいのかな‥‥。

たしかにそうだね‥‥。

じゃあ、アドラー心理学での考え方を紹介しよう。

どんなふうに今日の話がアドラー心理学につながるのか、説明しておいた方がいいね。

うん。どうすれば自分を愛せるのか、具体的に知りたいわ。

 

◆  さらに理解を深めたい人へ

自信を持つ

 

◆  アドラー心理学での考え方

結論から言うと、「自分を愛する」というのは、自分に自信を持つってことなんだ。
自信を持つ‥‥。
自分には能力があるという実感だ。

これを持つことが「自分を愛する」ということになる。

たしかに、自分に能力があると思えたら、自分を好きになれそうね。
そうだね。

自分を愛するためには、
「自分には能力がある」と思えないといけない。

何か特別なスキルでも身につけろと言うの?
そうじゃないんだ。

この場合の「能力」というのは、スキルや才能のことじゃない。

??
他人に勝つことや、特別な力を身につけることではないんだ。

他人に勝つことで自信を付けたとしても、もっと強い他人が現れたら負けてしまう。

ユニークな力を持ってても、世の中を見渡せばもっと優れた力を持つ人はたくさん居る。

言ってることはわかるわ。
他人と比べて得られる自信はあやふやなんだ。

アドラー心理学では、そんな環境によって得たり失ったりする不確実な自信より、もっと根本的な実感を大切に考える。

それが「貢献感」だ。

 

◆  貢献感が自信につながる

貢献感‥‥。
あまり耳にしない言葉ね。
「貢献」という言葉はよく聞くけど
「貢献感」はあまり聞かないよね。

意味は文字通りだよ。

他人に貢献できている感覚だ。

他人の役に立てるという感覚なのかな。
そんな感じだね。

貢献というのは役に立つという事。

他人を助けたり、支えたりする行動だね。

あー。今日の話で言うと、他人を愛するというのがそれにあたるのね?
そのとおり。

他人を愛する、つまり他人の為になろうとして努力する。

これは他人に貢献しようという意思の表れなんだ。

他人を愛することが出来れば、貢献感が得られる。

それは自信につながって、自分を愛することにつながる‥‥。

そうそう。

血のにじむような努力をして、勝利を得たりする必要は無いんだ。

目の前の人を助けたり支えたりすれば、そんな行動の積み重ねが自信につながる。

自信を持てると自分が好きになる。

もっと他人に貢献したくなる。

そのうち自然に周りから愛が返ってくる‥‥。

愛され上手な人というのは、
そういう人なんだろうね。

わたしは人の役に立つ人間なんだ
という自信がつくのね。

なんとなくだけどわかるわ。

勉強や仕事で努力して、良い成績を残しても自信はつく。

でもそれは、評価してくれる人がいなかったらダメだし、上を見たらきりが無いよね。

いくら勉強しても東大の首席には勝てる気がしないわ‥‥。

もし仮に1番になっても、抜かれることを恐れてしまいそうよね。

そう。競争には終わりが無いんだ。

それよりも、きみには今すぐにでも出来ることがあるはずなんだ。

目の前の人を助けたり、支えたりするのね。

わかる気がするわ。

でも、貢献感がそんなに大切っていうのはどうしてなの?

 

◆  わたしはここにいてもいいんだ

貢献感は「所属感」につながるからなんだ。

わたしはここにいてもいいんだという感覚だね。

所属感ってそんなに大事なの?
人間は「居場所」を求める生き物だからね。

人間はひとりでは生きられない。

だから
他人と協力して生きることを望む。

人が集まれば共同体ができる。

そして
共同体の中に「居場所」を求める。

ちょっと。展開が早くて理解が追い付かないわ。
そんなに深く考えなくてもいいよ。

ひとりは寂しいよね‥‥
学校や職場の中で孤立してしまったら辛いよね‥‥

そんな話だよ。

ああ、そういうことか。
たとえば、いじめられたり、嫌われたりするのが辛いのは、居場所を失うからなんだよ。

人間にとっての居場所、
つまり共同体への「所属感」は、

アドラー心理学では
「共同体感覚」と呼ばれて最終目標にされてるくらいだ。

へぇ。
アドラー心理学の最終目標‥‥
共同体感覚の話をしだすと終わらないからやめておくよ。

明日からどう行動すればいいかはわかったかい?

それはわかったわ。
目の前の人を愛するのね。
そう。小さなことでもいいから始めるんだよ。
助けたり、支えたりする。

まぁ、ちょっとずつなら、できそうな気がするわ。

その意気だよ。まずは小さな行動から始めてみよう。

 

アドラー心理学の「愛」を知ろう

決断
アドラー心理学㉔「愛」は決断することから始まる

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください

 

 

-課題を分離する

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.