劣等感と生きる

ニーチェとアドラー③ルサンチマンは劣等感?超人を目指す方法とは?

ルサンチマンを持つ女性

 

今日のポイント

人生を楽しむ超人を目指す  

 

貧乏で困っている人は、リッチな人を見たときに
『羨ましい』と感じるでしょう。

 
それは憧れの感情であり、あんなふうになりたい
と思って前向きに努力する原動力になります。

 

お金を稼ぐイメージ

 
しかし人間は弱い生き物です。

 
憧れの感情は、いつしか恨み妬みなどの感情に
変化して、相手を悪く思うようになります。

 
何か悪いことをして大金を稼いだんだ
他人を犠牲にしても平気なやつだ
運がいいだけなのに偉そうにしている

 
可哀そうな自分を守るために、自分より恵まれた
人を悪者に仕立て上げようとします。

悪いイメージの金持ち

 

ニーチェが【ルサンチマン】と呼んだ感情は、
これと同じです。

 
弱者の恨み・妬み・負け惜しみです。
 

強者に対する劣等感です。

 
ルサンチマンを劣等感と捉えて、前向きな対処法
を探るのが今日のテーマです。

 
最終的には、ニヒリズムを克服して人生を楽しむ
『超人』への道を紹介します。

 

今日の結論

こじれた劣等感がルサンチマン


劣等感を素直に受け入れて
自分の成長に価値を見いだそう
 

成長して、自立できれば
人生を楽しむ『超人』になれる

超人を目指す女性

 

 

末人・超人のおさらい

末人と超人

 

価値観』と『ニヒリズム』

前回までに、この2つを解説したんだけど理解できたかな?

まぁ大筋は理解したつもりよ。

最終的には、人生を楽しむ『超人』を目指そうという結論だったわね。

 

第一回 価値観

価値観のイメージ
ニーチェとアドラー①価値観とは何か?失ったらどうなるのか?

続きを見る

第二回 ニヒリズム

ニーチェとアドラー②ニヒリズムとは何か?道徳まで崩れたらどうなるのか?

続きを見る

 

そうだね。軽くおさらいするよ。

ニーチェは、ニヒリズムに陥って無気力になった人を『末人』と呼び、

それに対して、

自分の人生に価値を見出し、上昇志向で生きる人を『超人』と呼んだ。

うん。覚えてるわよ。
いろんなものの価値が失われた現代社会では、どうしてもニヒリズムに陥りがちになる。
私自身にも当てはまる話だったわ。

人生に価値を感じられず、無気力にダラダラと生きてしまう。

そんな状況を抜け出して、なんとか超人を目指さないといけないんだ。

前向きに、充実した人生を送る為にはそれしかない。

今日は、その具体的な方法を教えてくれるのよね?
そう。まずは超人になることを邪魔する心理を解説するよ。

 

 

超人になれない原因

堕落した女性

 

超人になれないのは、ニヒリズムに陥るからじゃないの?

邪魔する心理って何よ?

まずはニヒリズムに陥いる気持ちの流れを理解して欲しいんだ。

流れがわかれば、そこから脱け出す方法もわかるはずだよ。

ふーん。
なんか遠回りだけど仕方ないわね。
前回に少しだけ話したね。

『ルサンチマン』『奴隷道徳』

これらがニヒリズムに陥る元凶だ。

そんな話題もあったわね。

たしか、弱者が強者を恨んだり、妬んだりする感情がルサンチマンで、

そのルサンチマンが、奴隷道徳を生むって言ってた気がするわ。

よく覚えてるね。その通りだよ。

人間なら誰もが陥ってしまう、やっかいな心理がルサンチマンなんだ。

 

 

ルサンチマンとは?

嫉妬する男性

 

まずはルサンチマンを理解しよう。

君は、自分の何倍も貯金がある人を知った時に羨ましいと思う?

当然、思うわよ。

毎月コツコツ貯めてるのに、何倍どころか何百倍も貯金に差があると、自分が情けなくなる時があるわ。

もっと稼がないと、って思う?
思うわね。
でもそんな簡単に年収の高い仕事に転職できないからあきらめてるわ。
自分が他人より劣っていると自覚した時に、人間は劣等感を感じる。

年収や貯蓄のことでも当然感じる。

うん。
最初に感じるのは、おそらく羨ましいという感情だろう。

あまりに差があると、君が言った通り情けないという自己嫌悪の気持ちが生まれるかも知れないね。

そうね。
勝手に、そう感じちゃうわね。
『羨ましい』と『自己嫌悪』はセットなんだと考えよう。

この2つは外と中の関係なんだ。

他人を見たら羨ましいと感じて、自分を見たら自己嫌悪に陥る。

なるほど。他人が羨ましいと思った時点で、自分が情けないと思うことも確定しちゃうのね?
そのとおり。

他人と比べてしまうのは、人間の本能みたいなものだ。

無意識に他人と競争して、勝ち負けを判断してしまう。

勝ってる方は優越感、負けてる方は劣等感を持つ。

劣等感は羨ましいという気持ちと同時に、自己嫌悪の気持ちも生む。

うん。その流れは理解できるわ。

それがルサンチマンと関係あるの?

 

 

こじらせた劣等感がルサンチマン

劣等感をこじらせた女性

 

ルサンチマンは、この劣等感をこじらせた結果、生まれる感情なんだ。
どういうこと?
劣等感をこじらせる?
羨ましいとか情けないというレベルの劣等感なら、人間はまだ前向きに受け入れられるんだよ。

さっき君が言ったように、もっと稼がないとって思ったりね。

情けない自分から抜け出すために、努力しようと思える。

劣等感をバネにするってやつね。
そのとおりだね。

劣等感は人間の成長に欠かせないもので、決して悪いものじゃない。

でもね‥‥

人間は弱い生き物だから、劣等感が続くことには耐えられないんだ。

自己嫌悪の状態から抜け出すために、なんとかして勝ちたいと願う。

負けてるくせに、勝とうとする。

なによそれ。

負けてるのに勝とうとするって、反則技でも使うの?

なかなか面白いことを言うね。

劣等感をこじらせた人は、その反則技を使って勝とうとする。

具体的に言うと、自分が勝てるような別の分野を探して攻撃するんだ。

年収で勝負しても勝てないから、相手の容姿をけなす。

勉強しても成績で勝てない相手を、腕力でねじ伏せる。

ひどい場合は、ありもしない欠点を作り出して、それを噂として流す。

・・・

それがルサンチマンなの?

そうだね。弱い者が強い者に対して持つ、恨みや妬みなどの感情だ。

羨ましいという劣等感から始まり、
それをこじらせて嫉妬に変化して、
恨みという感情にまで成り果てる。

ルサンチマンとは、こじらせてしまった劣等感なんだ。

 

 

劣等感→ルサンチマンの流れ

みんなで他人を攻撃する

 

他人に負けて悔しかったら2つの道のどちらかを選ばないといけない。

努力して追いつく道
いさぎよく負けを認める道

そうね。劣等感との正しい向き合い方はそれしかないと思うわ。
でも、努力するのは疲れるし、負けを認めるのは自尊心が傷つくよね?

追いつくほど努力したくない‥‥
負けを認めるのもイヤだ‥‥

そんなワガママな状態が続くと、自分をみじめな気持ちにさせる相手を恨むようになる。

こんな思いをするのはアイツがいるせいだ、ってね。

自分が悪いと考えるのはツライから、相手が悪いと思いたがるんだ。

・・・
そして、相手に近づくために、自分を高めるのではなく、相手の価値を下げようとする。

相手の欠点ばかり探すようになる。

・・・
ルサンチマンって、優れた人の足を引っ張るような心理なのね‥‥

同時に、劣等感とちゃんと向き合わないから成長も出来なさそうだわ。

そのとおりだよ。

自分を成長させて近づくんじゃなくて、相手の足を引っ張って近づこうとするんだからね。

私もルサンチマンを持ってるわ。

スタイルが良くて、可愛い子を見た時に、特に感じる。

たまにムカついたりして、性格悪そうって思ったりしてた‥‥

それは容姿では勝てないから、他のことで勝とうとするからなのね‥‥

自覚できるなら、まだマシだよ。

陰でコソコソ同僚の悪口を広めたり、自分とは無関係な芸能人のスキャンダルに過敏に反応したり‥‥

意識して世の中を見渡せば、ルサンチマンだらけなのがわかるはずだ。

もちろん、僕だって例外じゃない。

毎日ルサンチマンを自覚して、それを抑えるのに四苦八苦しているよ。

 

 

奴隷道徳とは?

奴隷のイメージ

 

ルサンチマンは理解できたわ。

敗北感が恨みの感情に変化して、なんとか足を引っ張ってやろうと、相手の悪い所を探すようになる。

理解が早くて助かるよ。

ルサンチマンの次に理解して欲しいのは『奴隷道徳』だ。

これを理解できれば、ニヒリズムに陥る仕組みが見えてくるよ。

すべてのことに価値を感じられなくなって、何事にもやる気が出ないのがニヒリズムよね?
そうだね。

たとえば良い大学に入ることに価値を感じていたら勉強する気になる。

学歴なんて価値が無いと思ってしまえば、勉強する気も起きない。

そんな、生きる価値・生きる目標を失ってしまうのがニヒリズムだ。

『奴隷道徳』ってやつが、そんなニヒリズムを生んでしまうってこと?
そのとおりだよ。

ルサンチマンが奴隷道徳を生んで、
奴隷道徳がニヒリズムを生む。

この流れを理解して、抜け出すことが出来れば、超人を目指す道も見えてくるはずだ。

 

 

ルサンチマン→奴隷道徳の流れ

死後の世界に期待する

 

奴隷道徳とは、劣ってても良い、負けてても良い、という価値観だ。

簡単に言えば、弱者を甘やかすような価値観だね。

前回までの話を思い出して欲しい。

今から約二千年前、イエス・キリストは貧困や病気に苦しむ弱者を救ったんだったね。

「お前たちは神への信仰が足りないから苦しむんだ、自業自得だ」

そんなふうに罪人扱いされていた弱者を救って、救世主となった。

それは覚えてるわ。

貧しい上に悪者扱いまでされていた弱者を、イエスは救ったのよね?

そしてキリスト教の神様として崇められるようになった。

そんな流れだったね。

劣っている者 敗者 弱者

呼び方はなんでもいいんだけど、人生に絶望する人達に、希望を与えたのがイエス・キリストだ。

その希望とは、死後の世界だった。

つまり、弱者は恵まれないからこそ、神にすべてを委ねられるから天国に行けるという希望だ。

生きているうちは苦しくても、死後は天国に行けるから弱者の方が幸せだって話だったわね。
そうだね。

君はこのキリスト教の教えを聞いて、弱者の負け惜しみだと感じた。

生きてるうちは強者に勝てないから、死後の世界に期待することで弱い自分を慰めてるってね。

そうね‥‥

意地悪な見方かも知れないけど、私はそう感じたわ。

ニーチェの考えも、君と同じだよ。

キリスト教が広めた道徳は、弱くても良いんだ、と弱者をなぐさめる、奴隷道徳だと批判した。
 

死後は弱者の方が天国に行ける。

極端に言えば、奴隷の方が幸せになれるという価値観だ。

・・・

なんかルサンチマンっぽいわね。

負けてる方が幸せになれるなんて。

そのとおりだよ。

弱者のままでいいんだ、と考える奴隷道徳は、強者へのルサンチマンから生まれたんだ。

負けてる状態がイヤだから、強者の足を引っ張ってでも勝とうとするのがルサンチマンだ。

なんとかして強者に勝つために、死後の世界という別のフィールドで勝負を仕掛けたんだね。

なるほどね‥‥

現実の世界では勝てないけど、死後の世界では勝てる。

弱い人にとっては、すごく魅力的な考え方よね‥‥

天国は弱者のものだと信じられたら、弱者のままでも前向きに生きられるかもしれないわ。

 

 

奴隷道徳→ニヒリズムの流れ

奴隷道徳を信じる女性

 

そうだよね。

神様が天国に連れて行ってくれる

そう信じられたら、の話だけどね。

問題はそこよね。

神の救いを信じられるかどうか‥‥

君は信じられないんだったね?
うん。私は残念ながら、神様が起こすような『奇跡』にお目にかかったことが無いし、

そんな弱者に都合の良い死後の世界があるとも思えないわ。

今を生きるほとんどの人は、君と同じように考えるだろうね。

弱者のままでいても幸せになれる、というのが奴隷道徳だ。

これは神様がいないと成立しない。

神様がいなくなったら、死後は天国に行けるという強者に勝てる武器を失ってしまって、

弱者には絶望しか残されない。

・・・
そこで陥いるのがニヒリズムだ。

弱者でいることに価値が無くなる。

弱者は絶望して、無気力になる。

なるほどね。

神様を信じられるなら奴隷道徳にも価値があるけど、信じられなくなったらニヒリズムの元になるのね。

そういうことだね。

だからニーチェは警告したんだ。

自然科学が発達したら、神の存在は信じられなくなるぞ!

キリスト教が広めた道徳に頼っていたら、その先には絶望が待っていて、ニヒリズムに陥るぞ!ってね。

 

 

すべては劣等感から始まる

劣等感のイメージ

 

ルサンチマン
 ↓ 
奴隷道徳
 ↓ 
ニヒリズム

この流れはなんとなく理解できたけど、今日のテーマは超人を目指すことじゃなかったっけ?

ニヒリズムから抜け出して、充実した人生を送る話。

そうだよ。

ニヒリズムに陥る流れが理解できた君なら、そこから抜け出す道も見えたんじゃないかな?

・・・

そうねぇ‥‥

ルサンチマンも、奴隷道徳も、ニヒリズムも、元をたどれば全て劣等感から始まるのよね?

素直に負けを認めず、自分を高める努力から目を背けるから、

強者を憎んだり、神様に頼ったりするんだと思ったけど‥‥

うん。まさに、そのとおりだよ。

ルサンチマンとは、負けている現実を受け入れずに、逃げる心理だ。

現実から逃げてしまったら、行き着く先は妄想や願望の世界だ。

強者が不幸になる世界
誰かが自分を救ってくれる世界

そんな世界に逃げ込みたいから、強者の不幸を願い、神様のような存在を期待してしまう。

そうよね。

キリスト教徒じゃなくても、自分を救ってくれる神様のような存在に期待する心理はあると思うわ。

強者の不幸を願う心理も、世の中には溢れてると思う。

強者に勝てない
神にも期待できない

そうやって逃げ道をふさがれた時に絶望のニヒリズムが待っている。

では、その解決法とは何だろう?

 

 

どうしたら超人になれる?

超人になれる道筋を探す人

 

‥‥‥‥‥

あーそっか。
劣等感と向き合うのね?

弱い自分を素直に受け入れる。
いさぎよく、負けを認める。

苦しくても、そうする。

うん。それしかないよね。

でも人間は弱い生き物だったね。
劣等感を持ち続けるのは難しい。

そうね‥‥

劣等感を克服しないといけないわ。

だから努力する。

負けてる自分から抜け出すために、努力して成長する。

ニヒリズムから抜け出すには、その根っこにある劣等感と、うまく向き合わないといけないと思うわ。

僕もそう思うよ。

「強者を目指せ」とまでは言わないけど、まずは弱い自分を受け入れることが大事なんだ。

そして、そんな弱い自分でも出来る努力をやってみる。

そうすれば、小さいかもしれないけど成長が出来て、自信が手に入る。

その自信は、次の努力の原動力となり、成長を続けることが出来る。

あー、なんかそれ超人っぽいわね。

たとえ苦しくても、常に成長できてたら充実した人生になりそうだわ。

他人との勝ち負けじゃなくて、
自分の成長に注目する。

少なくとも、強者の不幸を願うような生き方よりは、納得のいく人生を送れるはずだよ。

 

 

アドラー心理学で超人を目指す

超人を目指そうとする男性

 

『弱い自分を素直に受け入れる』

この行動は、アドラー心理学では自己受容と呼ばれるんだ。

これが出来ないと、劣等感から逃げてしまって成長できないし、

強者に悪い感情を抱いて、敵対してしまって、仲間になれない。

自己受容か‥‥

負けを認めるのって簡単じゃないけど、やるしかないのね。

そうだよ。

劣等感との向き合い方は、結局は2つしかなかったよね。

負けを認める
努力して追いつく

まずは負けている現実を受け入れるのが最優先だ。

でも負けたままだとツライから、どうしても逃げたくなってしまう。

相手が悪いと思いたがる、弱い気持ちに流されてしまうかもね。
だから努力しないといけない。

強者に勝つところまでは行かないにしても、なにかしら自分に変化をもたらさないといけない。

努力して、すこしでも成長して、

その『自分の変化』に人生の楽しみや充実感を見出さないといけない。

自分の人生に価値を見出すのね。

自分の変化や成長に価値を見出す。

私も、可愛くてスタイルのいい子に嫉妬して悪く思う暇があるなら、自分を磨く努力をしろって話ね。

そうそう。

他人の価値を下げたって、その瞬間は気がまぎれるかも知れないけど、自分は何も変化しない。

すぐに絶望に逆戻りだ。

そんな感じで、劣等感から目を背けて努力から逃げてしまう心理を、

アドラー心理学では劣等コンプレックスと呼ぶんだ。

 

成長を邪魔する2つの心理

成長する心理と出来ない心理のイメージ
【努力を邪魔する心理】劣等コンプレックスと優越コンプレックス

続きを見る

 

アドラー心理学とニーチェの哲学は、何か関係があるの?
直接的な関係は無いみたいだね。

ただ考え方はとても似ているんだ。

ニーチェの哲学を、もっとわかりやすく、具体的にした感じだね。

アドラー心理学の『自己受容』から始まる流れを実践したら、

ニーチェの言う『超人』になれるかもしれないよ。

 

アドラー心理学・入門

自分を受け入れる
アドラー心理学①すべての悩みと喜びは対人関係から生まれる

続きを見る

 

 

『絶望』のまとめ

絶望する女性

 

今日の話は長くなってしまったね。
超人を目指すのもなかなか大変だ。
まぁそうね。

でもニヒリズムに陥って『末人』として生きるのはイヤだったから、良い話が聞けたと思うわ。

結局、人生の意味とか価値は、自分で見つけないとダメって事ね。

何かに頼ったり逃げたりせず努力して、自分の成長に価値を見いだす

そういう結論になるね。

すべての事に勝利するような、完璧な人間なんていないんだ。

人間は必ず劣等感を持っている。

劣等感を受け入れなかったら‥‥

つまり、負けている現実を受け入れなかったら、敗北者をなぐさめてくれる価値観に逃げることになる。

神様に頼ったり、強者を悪者にする考え方に逃げちゃったりするわね。
そのとおりだ。

もし、いつまでも強く信じていられるような、弱者に優しい絶対的な価値観があるのなら、

それにすがれば弱者も前向きに生きられるんだろうけどね。

そんなの無くなっちゃったわよね。
考えれば考えるほど、絶対的な価値観なんて無いことに気づくだろう。

何かを『良い』と思っても、それを否定する考え方が必ず存在する。

神様までいなくなっちゃったしね。
そうだよ。
科学は幻想を壊してしまった。

『人間は、ただの原子の集まりだ』

そんな事実を突きつけられたら、物事に価値もへったくれも無いね。

僕たちの人生なんて、ただ原子があっちこっち移動しているだけだ。

厳密に考えれば、人間が生きることに、意味なんて無い。

まぁ、そこまで考えたらね。
強者を悪く思っても幸せになれない

弱者のままでいいと言ってくれる神様も、科学が殺してしまった

逃げ道を絶たれた弱者は、絶望してニヒリズムに陥るか、努力して劣等感を克服するしかない。

ニヒリズムがイヤだったら、超人を目指すしかないってことね。

 

 

『超人』のまとめ

子供は超人

 

そこでニーチェは、超人になる過程として3つの段階を考えたんだ。
 

らくだ → 獅子 → 子供

 
重い荷物を背負って地道に頑張って

強くなって、自由を得て

最後は子供のように無邪気に楽しむ

へぇ、なかなか面白いわね。

最後は子供なのね。

子供は超人だよ。

興味のあることは何でも手を出して、余計なことは考えずに行動して、楽しんで成長し続ける。

たしかに、子供ってすごいわね。

余計なことは考えないから、絶望なんてしないでしょうし。

そうだね。

でも子供が自由に振る舞えるのは、親が人生の重荷を背負ってくれているからだよね。

生活費を稼いだり、住む場所を維持したりね。

大人である僕たちが、子供のように生きるためには、まずはそこをクリアしないといけないね。

そっか。ただ子供のように振る舞えばいいってわけじゃないのね。
そうそう。
子供を目指すなら、まずは自由を手に入れる力が必要だよ。

イヤなことはイヤと言えて、嫌いな人とは関わらない。

そんな生き方に必要なのは自立だ。

努力して、成長して、自立して、
自由を得て、子供のように生きる。

これが超人になる道筋だ。

絶望しない生き方だ。

なるほど。まずは自立を目標にするとわかりやすいわね。
経済的にも、精神的にも自立を果たせれば、他人に振り回されない生き方ができるね。

自分が『楽しい』と思えることに、集中できるようになる。

余計なことを考えなくて済むから、楽しいことに集中できるのね。
そういうことだね。

人生を楽しめないのは、他人に振り回されるからだ。

自由を邪魔されたり、他人と比べて劣等感を感じたり。

そんなのは人生を楽しむためには余計なことなんだ。

たしかにそのとおりだと思う。

他人と競争するから、弱者とか強者とか、負けて悔しいとか面倒くさいことになるんだわ。

大事なのは自分がどう感じるかだ。

他人に勝とうが負けようが、結局は自分が納得できるかどうかだ。

あーなんか今、超人って何なのかわかってきたわよ。

他人との勝ち負けを越した

それが超人ってことじゃない?

それはいい考え方だね。

他人との勝ち負けなんて、どうでもいいと思えるような人だね。

そんな人になれるように、子供のように無邪気に生きるために、まずは自分のことに集中しよう。

自立を目指して成長していこう。

『自立』はアドラー心理学でも主要なテーマだから、具体的に知りたかったら学んでみるといいよ。

 

今日の結論

こじれた劣等感がルサンチマン


劣等感を素直に受け入れて
自分の成長に価値を見いだそう
 

成長して、自立すれば
人生を楽しむ『超人』になれる

超人を目指す女性

 

 

劣等感の総まとめ記事

劣等感・意味の記事サムネイル
【劣等感の意味とは?】心理学・哲学・仏教などから正しく学ぼう

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください

 

 

-劣等感と生きる

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.