アドラー心理学入門

アドラー心理学②トラウマのせいにして逃げてはいけない

トラウマ

 

今日のポイント

トラウマを否定する

 

世の中の常識では『トラウマ』というものが
存在するとされています。
 

過去のひどい経験が、今の自分を苦しめる‥‥

こんな自分がイヤで、変えたいと思うけれど
どうしても変われない‥‥
 

そんな『トラウマ』の存在を、
アドラー心理学は完全に否定してしまいます。

ライフスタイルを変える

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

トラウマなんて存在しない?

トラウマに悩む女性

 

『トラウマ』って言葉は、結構みんな普通に使うわよね?

アドラーはトラウマなんて存在しないって言ってるの?

そうなんだ。
けっこう衝撃的だよね。
その言葉を聞いただけじゃ納得できないけど、わかりやすく説明してくれるんでしょ?
もちろんだよ。まずはひとつ例を挙げて説明していくよ。

 

虐待を受けた女性の例

虐待を受ける子供

 

例えば、過去に父親から虐待を受けた女性がいるとしようか。
うん。
その女性は、好きな男性と恋愛関係に発展しても、それ以上関係を深めるのが怖くなって別れてしまう。

そして女性は言うんだ。

「会話程度の軽い関係なら問題ないけど、恋愛を意識して関係を深めようと思うと、

過去に父親から受けた暴力が頭に浮かんできて、怖くなって距離をとってしまう‥‥」

まぁ、そんな経験をしたのなら怖くなるのもわかる気がするわ。
この女性の言い分をまとめると、こんな感じになるね。

過去の自分が虐待を受けたから、

現在の自分が、好きな男性との関係を深められない‥‥

そういうことでしょうね。
つまりこういうことだよね。

過去に父親から虐待を受けたという
『原因』があって、

今の自分が、好きな男性との関係を
深められない
という
『結果』になっている。

原因があって結果がある。

何もおかしなところはないわ。

勉強をしなかったからテストの成績が悪い、っていうのと同じでしょ?

結果には必ず原因がある。

常識だと思うけどな‥‥

アドラーは、その常識が本当に正しいのか常に疑う人だったんだよ。

原因があって結果があるという考え方は、アドラー心理学では『原因論』と呼ぶんだ。

今の自分が困っている原因は、
過去の自分の経験の中にある
という考え方だね。

アドラーは、この考え方を真っ向から否定するんだよ。

どうして否定するの?正しい考え方だと思うし、真実だと思うわ。
『原因論』は後ろ向きな考え方で、

「過去の経験が今の自分を決める」

という考え方だから否定するんだ。

・・・。

 

過去は変えられない

自分の過去を振り返る女性

 

もう少し考えを深めよう。

さっきの女性が、男性との深い関係に踏み込めない自分を変えたいと思ったとしようか。

好きなのにうまくいかないなら、きっとそう思うでしょうね。
でも過去の経験が今の自分を決めると考えてしまったら、

過去はもう終わった事だから変えられない。

だから今の自分も変えられない。

そういう事になってしまうね。

まぁ、変えられないと決めつけてしまうのはどうかと思うけど、

変えられなくても仕方ないかな?という印象はあるわね。

でも、よく考えて欲しいんだ。

同じような経験をした人が、みんな同じような人生を送るわけではないよね?

長い間ずっと悩み続ける人もいれば、さっさと克服する人もいる。

そりゃそうよ。
人の性格は同じじゃないもの。
性格の話はまた別の機会に話すけど、じゃあその人たちって何が違うんだろうか?
性格はおいとくとして‥‥

違うのは「考え方とか受け止め方」
なんじゃないかな。

そうだね。同じ経験をしても人によって結果が違うのは、

過去の経験をどう解釈するのか?
どのように受け止めるのか?

これらが、人によって違うからだ。

言いたいことはわかるけど、解釈のしかたとか受け止め方が違うからどうだっていうの?
『過去』はもう『終わった事』だから変えられない。

だけど解釈のしかたや受け止め方は
『今の自分』の問題だ。

「過去」は変えられないけど
「今の自分」は変えられる

自分を変えたいと願うなら、

「変えられないもの」
にこだわるんじゃなくて、

「変えられるもの」
に注目する必要があるんだ。

どうやったらそんな事ができるの?

変えられないものは無視して、変えられるものを見るのよね‥‥

アドラーはこう言うんだ。

「原因論」から「目的論」に、考え方を切り替えなさいってね。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

【目的論】で考えよう

目的論

 

何それ?目的論?
アドラーは『原因論』の逆の考え方として『目的論』というものを提案したんだ。
原因論の逆‥‥

イマイチ理解できないわ。

すごく大事なことだから、なるべくかみ砕いて説明するよ。

まずは何が違うのかというと、
「注目」するところが違うんだ。

自分の 過去
注目するのが『原因論』

今の自分の 目的
注目するのが『目的論』だね。

うーん‥‥ わかりづらいわね。

さっきの女性で例えてみてよ。

さっきの女性を原因論で考えると

トラウマがあるから
男性との関係を深められない

ということだよね?

そうなるわね。それを『目的論』で考えるとどうなるの?
目的論で考えると、

「男性との関係を深めない」
という「目的」を達成する為に

トラウマを作り出して

それをいいわけにして
関係を深める事から逃げている

ということになる。

さすがに、それはちょっと無理があるんじゃないの?

その女性は関係を深めたいのよね?

関係を深めたいけどトラウマがあるからできないんじゃなかったっけ?

それは原因論での考え方だね。

もうすこしやわらかく言い直すと、

男性との関係を深めるのが怖いから、トラウマのせいにして怖さから逃げている

という感じだね。

関係を深めて得られる『喜び』よりも、傷つくことへの『怖さ』が勝ってしまっている状態だ。

恋愛で傷つかないための一番の方法は、相手を好きにならない事だ。

それはよくわかるわ。
だから男性との関係を深めない自分へのいいわけとして、トラウマを持ち出すんだ。

怖さから逃げる自分を正当化するために、トラウマを利用している。

それは考え方を変えただけよね?

確かに過去の経験を無視して、
『今の女性の心の中』だけを考えたらそうなるんでしょうけど‥‥

関係を深められない事実はどちらも変わらないんじゃないかな?

おっしゃる通り。
まさに『考え方の違い』だ。

 

原因論 では、
「トラウマがあるから、男性との関係を深められない」と考える。

目的論 では、
「男性と関係を深めるのが怖いから、トラウマをいいわけにして逃げている」と考える。

 

『原因論』を取っても『目的論』を取っても、関係を深められない事実は変わらない。

だけど、大きな違いがひとつある。

『原因論』では、トラウマは過去の出来事で、変えられないから先に進めないけど、

『目的論』では、先の人生を選ぶことが出来るんだ。

選ぶ‥‥?
目的論で考えるなら、

トラウマをいいわけにして行動しないのは『今の自分』のせいであって
『過去』のせいじゃない。

さっきも言ったけど、
「過去」は変えられないけど
「今の自分」は変えられる

なぜ変えられるのかというと、
『今の自分』は選ぶことが出来る。

トラウマをいいわけに使う
ことをやめる

という選択肢を。

なに倒置法なんて使って格好つけてんのよ。
決め台詞はバシッと決めていくよ。

 

今日のまとめ

トラウマ

 

トラウマの話はまだ続くから
一旦ここまでをまとめてみよう。

今日のキーワードは
「トラウマ・原因論・目的論」
この3つだったね。

そうね。とりあえず私は、

トラウマを克服するためには、
「原因論」から「目的論」に
考え方を切り替える必要がある。

っていうふうに理解したけど、そんな感じでいいのかな。

ここからさらに掘り下げていくから、今はその理解で十分だよ。

過去は終わったことだから変えられないけど、今の自分は変えられる。

『過去』ではなく『今の自分』に注目を移すためには、

『原因論』から『目的論』に考え方を切り替える必要がある。

「目的論」で考えれば、自分を変えるための選択肢が手に入る。

そんな内容だったね。

ここからはどんな話になるの?
トラウマは存在しない

この考え方が理解できるところまで話を進めていくつもりだよ。

 

次回を動画で視聴

次回へ進みます

克服
【後半】アドラー心理学と「トラウマ」★生き方は選べる

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.