アドラー心理学入門

アドラー心理学㉒みんなと仲間になれたら、もっと幸せになる

みんなと仲間になる

 

今日のポイント

共同体を強くする

 

人生には、乗り越えると幸せになれる3つの課題
があります。
 

 仕事・交友・愛  の課題です。
 

この3つの課題は、自分が所属している共同体に
『貢献』することで乗り越えていきます。

共同体に貢献する
 

 
あなたが所属している会社や学校やチームなどの
共同体には、必ず『やるべきこと』があります。
 

誰かがそのやるべきことをやらなかったら共同体
は壊れてしまいます。
 

誰かがやらないと共同体が壊れてしまうことは、
すべて『仕事』だと考えましょう。
 

自分の得意な『仕事』に真剣に取り組めば、結局
は共同体にとっての利益になります。
 

前回はその『仕事での貢献』を話しました。

 

前回の内容

仕事とは?
アドラー心理学㉑仕事で他人の役に立てば、ちょっと幸せになれる

続きを見る

 

次の段階の『交友』が今日のテーマです。
 

みんなと仲間になるために努力をして、共同体が
壊れないようにする話をしていきます。

共同体感覚の輪

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

自分から貢献していこう

他者貢献

 

今日は、前回話した『仕事の課題』の次の段階に進むよ。
『交友の課題』ってやつね。
そう。乗り越えないと幸せになれない人生の課題の2つ目だね。
前回の話だと、共同体には必ずやるべきことがあるのよね?

そして、自分のやるべきことを一生懸命やるのが仕事の課題を乗り越えることだって言ってたわ。

そうだね。
自分のために頑張れば、結局は共同体への貢献になるって話だね。
じゃあ、その次の交友の課題を乗り越える為には何をすればいいの?

言葉だけ聞くと『親友を作る』みたいに感じるけど。

『親友を作る』っていうのとはちょっとちがうんだ。

親友に接する時と同じように、みんなに接する、という感じだね。

親友に接する時と同じように‥‥?
簡単に言えばみんなと対等に接するということだね。

自分の意見とちがっていても、相手の意見を尊重できる

嫌われることを恐れずに、言いたいことが言える

そんな関係を、特定の仲の良い相手だけじゃなくて、みんなとの間に作るってことだ。

親友に接する時みたいな対等な接し方を、みんなにするってこと?
そうだね。

親友の言うことは、頭ごなしに否定したりしないよね?

間違ってると思っても、大事な友達だから理解しようとするはずだ。

そうね。それはちがうんじゃないかなぁ、と感じても、嫌いになったりはしないわね。

そんなことは小さな問題だわ。

大切な友達だったらね。

言いたいことも、素直に言えるんじゃない?
うん。一時的に仲が悪くなったとしても、そのうち仲直りできる自信があるわね。

少なくとも同僚や上司には言えないことも素直に言える。

 

対等な友人関係

 

どっちが正しくて、どっちが間違ってるとか、そんなことが小さな問題だと思えるような関係。

それは『対等』な関係で、相手を信じる気持ちがないと作れない素晴らしい関係だね。

そのとおりだと思うわ。
きみは親友が困ってたらどうする?
助けたいと思うわね。
きみが困っている時、親友はどうするかな?
上司への愚痴が溜まった時は、夜遅くまで話を聞いてくれたりするわ。

前向きな言葉をもらって、泣いちゃったりする時もあるわね。

それは理想的な親友だね。

そういう関係って仲間と呼べる関係だと思わないかな?

仲間ってどんなものなのか分からないけど、じゃないのは確かね。

居てくれて助かってるわ。

仲間とは、協力し合える相手だよ。
それなら答えは簡単ね。
わたしの親友は『仲間』だわ。
『交友の課題』というのは、共同体のみんなと仲間になって、協力し合える関係を作ることなんだ。
なるほどね。

それはとても良いことだと思うわ。

まわりのみんなが仲間だったら、そんな職場は最高だと思う。

『仕事』は共同体の利益への貢献

『交友』は共同体のみんなへの貢献

こんな感じだね。

特定の気の合う人だけじゃなくて、共同体のみんなと仲間になるのが交友の課題なのね。
そういうことだね。
みんなと仲間になれるように、みんなに貢献していく‥‥
そう。仲間になって協力し合える関係になりたいから、

自分から先に協力や援助をしていくのが交友の課題なんだ。

 

まず最初は『課題の分離』

自分と他人を切り離す

 

自分から先にみんなに貢献する‥?
アドラー心理学では、他人と関係を持つ時に、まず最初にすることがあったよね?
それは『課題の分離』ね。

 

人間関係のイメージ
アドラー心理学⑤「課題の分離」で人間関係をすっきりさせる

続きを見る

 

そう。対人関係の入り口だね。

『自分に協力しろ』と強制するのは自分の方が正しいと思うからだ。

これでは『相手の正しさ』を否定することになってしまう。

『課題の分離』で考えるなら、相手の課題に介入することになるのね。
おっしゃる通りだよ。

相手が自分に協力してくれないなら、それには何かしら、その人なりの『理由・目的』があるんだ。

『自分に協力しろ』と強制するのは、相手の自由であるはずの『相手の生き方』に介入することになる。

そんな感じで強制的に協力させても仲間にはなれっこないわね。
だから相手に期待する前に、自分から先に貢献しないといけない。

協力や援助をして欲しいなら、まずは自分からそれをするんだ。

みんなと仲間になりたいなら、自分から仲間になりに行けって感じ?
そうそう。そんな感じ。

待ってたり強制するんじゃなくて、他人にして欲しいことは、自分から先にするんだ。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

共同体を強くする

仲間と協力する

 

たしかにみんなと仲間になろうとしたら、自分から貢献すべきね。

でも何故それが『人生の課題』っていうほど大げさなことになるの?

乗り越えれば幸せな生き方が手に入る『3つの人生の課題』

その2番目に重要な『交友の課題』

なぜ交友がそれほど重要なのかと言うと、共同体を壊さないために必要だからなんだ。

・・・? 
前回は『仕事の課題』を話したね。

自分のために努力すれば、最終的には共同体の役に立って、

『仕事の課題』を乗り越えられるという話だったはずだ。

覚えてるわよ。

どんな共同体にも何かしらやるべきことがあって、それを前向きにやるのが仕事の課題。

自分が得をするように努力したとしても、結局は共同体の利益につながるから、自分の為に努力することで『仕事の課題』は乗り越えられる。

そうだね。

『分業』という仕組みのおかげで、みんながそれぞれ得意な分野を受け持って努力すれば、共同体の利益につながるんだ。

ちゃんと理解してるつもりよ。
ありがとう。

前回は野球のチームで例えたね。

そのとき君は、みんなが自分の成績だけを追い求めるんじゃなくて、

チームワークも必要なんじゃないかと疑問を持ったね?

そうだったわね。
みんなが自分の『仕事』にしか興味を持たなかったら、チームも家庭もバラバラだね。
・・・。 
競争して敵対したり、憎しみあったりしてても、みんなが仕事をこなせばとりあえずは共同体は保たれる。
うん。
でもそれでは、うまくいかない時が必ず出てくる。

4番バッターばかり集めた巨人が、年間チーム本塁打の日本記録を塗り替えても、リーグ3位に終わったシーズンがあったね。

2004年の話ね。
そうそう。

みんなが自分の得意なことをやって、ホームランを打ちまくっても優勝どころか2位にもなれなかった。

それにはいろんな要因があっただろうけど、共同体のやるべきことをおろそかにした、という見方もできるんじゃないかな?

たしかに。

チームの勝利のためにはいろんなやるべきことがあるでしょうね。

ホームランをたくさん打てば良い、という単純な話じゃないと思うわ。

共同体のやるべきことは、ひとつじゃない。

みんなが自分の得意なことだけを考えている共同体は、うまく機能しない時が出てくる。

足りない部分を、協力し合って補うことも、共同体を壊さない為には必要なんだよ。

 

みんなで協力する

 

共同体が壊れるというのは、具体的にはどういう状態なの?
共同体から離れる人とか、やるべき仕事をやらない人が出てきて、共同体を保てなくなる状態だね。
共同体を離れるっていうのは?
共同体を離れるっていうのは、家庭であれば、離婚や家出。

会社なら退職・休職。

部活なら退部とかだね。

プロ野球のチームだったら、選手がクビになったりトレードを希望したり、監督が引責辞任したりするね。

やるべき仕事をやらないっていうのはどういうこと?
家事や育児を放棄する。

会社に行かない。

部屋に閉じこもって出てこない。

スポーツの場合なら、練習をさぼったり、やる気のないプレーをして非難される場面はよく見かけるね。

うまくいっていない共同体だと、そんな人が出てくるということね。
そうだね。共同体を保つには、それぞれが自分の仕事をこなすだけでは難しいんだ。
共同体を保つためには、自分の仕事をこなすだけでは足りない。

みんなが仲間になって、協力し合わないといけない。

だから『仕事の課題』の次のステージが『交友の課題』になるのね。

自分の次は他人ね。

そのとおり。

みんながバラバラに頑張るより、仲間になって協力し合う方が強い共同体になるのは間違いないよ。

つまりこういうことね。

仕事の課題を乗り越えて、共同体に貢献できるようになったら、次は共同体が壊れないような貢献をしていこう。

みんなが仲間になれるような努力をしよう。

そうそう。そのとおりだ。

 

みんなが仲間になる

交友,仲間

 

共同体を保つために交友の課題に取り組むって話は理解できたわ。

居場所が無くなったり、居づらくなるのは確かにツライわ。

前々回に幸せとは何か?という話をしたね。

人間はひとりでは生きられない。

人間は徹底的に社会的な動物だ。

そんな人間にとっての幸せとは、共同体の一員として、共同体の中に自分の居場所を感じることなんだ。

 

生き方は自由
アドラー心理学⑳幸せに生きる為に必要なこと/他者貢献とは?

続きを見る

 

共同体が無くなったり、居づらくなったりしたら不幸というわけね。
もちろん、どうしても馴染めない共同体もあるはずだよ。

いじめられたり、暴力を振るわれたり、頑張っても結果が出なかったりしたら、別の共同体に移る方が良い場合も有る。

でもまずは、今自分が居る共同体に貢献することが大事だね。

なるほどね。

たしかに自分から共同体を捨てる方が良い場合もあるわね。

転職して成功する人もいる。

離婚しても、再婚後に幸せになったり、自由を楽しむ人もいる。

でも、あきらめるのは、仲間になる努力をした後ってことよね?

そうそう。
結局はこんな理解でいいのかな?

「交友の課題」を乗り越えたら
みんなを仲間だと思えるようになる

簡単に言えばそうだね。

仕事レベルから交友レベルに貢献もレベルアップするから、

共同体への『貢献感』もいっしょにレベルアップする。

『貢献感』がレベルアップすれば、より幸せを感じられるようになる。

課題がレベルアップすれば、乗り越えた時に感じる『幸せ』もレベルアップするというわけね。

 

他者信頼が必要

歩み寄る

 

そろそろ『交友の課題』の乗り越え方を教えて欲しいわ。

まさか親友に接するように、みんなに接すれば仲間になれるなんて曖昧なこと言わないわよね?

そんなわかりにくい表現で納得してもらおうなんて思ってないよ。

まぁ前回までに、他人と『仲間』になるための話はいろいろしちゃってるんだけどね。

・・・そういえばそうね。

自己受容他者信頼の話の時にも仲間の話が出てきたわ。

他人と仲間になる為には、すでに話した共同体感覚の2つ目、他者信頼が必要になるね。

ここからの話はとても重要だ。

今までの話をおさらいしながら、交友と、その次の愛の課題についてもまとめて解説していくよ。

長くなるから次回にまわそうかな。

 

共同体感覚

 

じゃあここからの話が、共同体感覚の3つ目『他者貢献』の最後の話になるわけね。
そうだね。

共同体の一員として、ここに居てもいいんだと思える共同体感覚。

それを身に付ける為に必要な、自己受容他者信頼はすでに話したね。

最後の他者貢献の話も、あとすこしで終わりだよ。

いよいよラストね。
うん。一番難しい『愛の課題』を乗り越える話までするから気合を入れて次に進むよ。

 

次回に進みます

みんなと仲間になる
アドラー心理学㉓共同体のみんなと仲間になるための唯一の方法

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  【嫌われる勇気】の続編
大ベストセラー【嫌われる勇気】の
内容を、さらに具体的な行動に落と
し込んだ本です。
信頼や愛に関しては、前作よりも
こちらの方が濃い内容です。

幸せになる勇気  amazonリンク

 

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.