アドラー心理学入門

アドラー心理学㉑仕事で他人の役に立てば、ちょっと幸せになれる

仕事とは?

 

今日のポイント

仕事で他人に貢献する

 

『幸せに生きたい』と願うなら、乗り越えるべき
人生の課題というものがあります。
 

仕事・交友・愛  の3つの課題です。
 

これらを乗り越えるためには、それぞれの課題の
レベルに見合った「貢献」が必要になります。

貢献のイメージ
 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

仕事の課題を乗り越えるためには、仕事レベルで
他人に貢献する必要がある ということです。
 

仕事→交友→愛 という順番で難しくなります。

難しい方が、より幸せを感じられます。
 

まずは他者貢献のレベル1。
仕事の課題を乗り越える話をしていきます。

自分の利益

 

 

3種類の他者貢献

貢献

 

今日は『他者貢献』の具体的な内容を掘り下げていくよ。
幸せになるための、具体的な行動を教えてくれるわけね。
そう。前回の続きだね。
他人の役に立つ『貢献』には3つのレベルがあるのよね。
そう。幸せに生きようと思ったら、避けることの出来ない課題がある。

仕事・交友・愛の3つの課題だね。

それがそのまま、他人に貢献する時の3つのレベルになるんだ。

仕事→交友→愛の順番で難しくなって、それぞれのレベルで他人に貢献するんだって言ってたわね。
そのとおりだね。

『仕事の課題』を乗り越えたいと思ったら、仕事で他人の役に立たないといけないんだ。

『交友』も『愛』も同様だね。

仕事が一番レベルが低くて、愛が一番高いのよね。
レベルが低いって言うと感じ悪いから、仕事の課題が一番単純で、わかりやすいと言っておこうかな。
簡単に言うと、この3つの貢献のちがいは何なのかな?
簡単に結論だけ言おうか。

仕事は「わたしの幸せ」
交友は「あなたの幸せ」
愛は「ふたりの幸せ」
を追求する。

・・・結論だけ聞いてもイマイチよくわからないわね。
これからひとつずつ解説していくから大丈夫だよ。

まずは『仕事』の課題での貢献から話し合っていこう。

仕事の課題って、わたしだったら会社での仕事のことを考えればいい?
それはちょっと違うんだ。

仕事中は『会社』という共同体の一員として行動するけど、

家に帰ったら『家族』という共同体の一員になるよね?

当然、そうなるわね。
『家族』という共同体の一員になったら、家族のためにやるべきことがあるはずだね。

お金を稼いでくる
家事をする
子育てをする
家を守る
近所づきあいをする

会社にいる時とは違うことでやるべきことがたくさん出てくるね。

なるほどね。お金を稼ぐだけじゃなくて、家庭でやるべきことも仕事と考えるのね?
そうなんだ。

会社から家庭に、共同体が変わったとしても、誰かが何かをやらないといけないってことは変わらない。

やらないと共同体が保てなくなることは、すべて仕事だと考えよう。

自分が所属する共同体って、いろんなのがあるわよね。
会社や学校や家庭。

友達と遊ぶ時も、PTAの集まりに参加する時も。

他人と何かしらの目的を共有する時は、すべて共同体の一員になる。

そして、それぞれの共同体にやるべきこと、つまり仕事があるのね‥‥
友達と食事をするにしてもそうだ。

場所を決めたり 車を運転したり
楽しい雰囲気を作ったり
注文したり お会計したり

いろんな仕事が考えられるね。

この仕事で他人に貢献することが、仕事の課題に立ち向かうことになるってわけだ。

ふぅん‥‥

じゃあ、仕事の課題を乗り越えるための貢献って、具体的にはどんなものになるの?

 

『わたしの幸せ』を追求する

自分の幸せを追求する

 

きみは日ハムのファンだったね。

『仕事の課題』を乗り越えるための貢献を、きみの好きなプロ野球に例えてみようかな。

いいわね、それ。お願いするわ。
きみがプロ野球の選手だったと仮定しよう。

自分の利益を最優先したら、きみはどのように行動するかな?

急に言われても難しいわね。

うーん‥‥

まずはクビにならないように、レギュラーに定着するための努力をすると思うわ。

どんな努力をするのかな。
そうね。

とにかく自分が得意なことで他の選手に勝てるように努力するわね。

なにかしら突出した能力が無いと、試合に出してもらえないからね。

自分の弱点を克服するような努力はしないのかい?
もちろんそういう練習もするわよ。

でも弱点を無くしても、すべての能力が平均点ではチーム内の競争には勝てないわ。

足が速いとか、守備がうまいとか、なんでもいいから自分が一番になれるような武器を見つけたいわね。

もし、チームのみんなが、きみと同じように自分の利益を追求したらどうなると思う?
みんな自分の利益を追求するの?

うーん。

たぶんわたしが苦手なことで、1番を目指す人もいるでしょうね。

それぞれが得意なことを伸ばしていってチームで1番になる努力をすれば、チーム全体の力が底上げされる気がするわ。

そうだよね。

いろんな分野のスペシャリストが集まったら、監督も選手起用が楽になるはずだね。

試合中の色んな状況に対応できる。

そのとおりだと思うわ。

たとえ足が遅くて守備が下手でも、バッティングがすごかったら使い道はあるからね。

こんな感じで自分の得意なことを伸ばしていって、自分の利益を追求していけば、

最終的には『チーム』という共同体の利益にもつながる。

この考え方を『分業』というんだ。

なるほど。分業ね。

仕事を分けて、みんながそれぞれ得意なことを受け持つわけね。

そういうことだね。
でも、自分の成績だけじゃなくてチームワークも必要じゃない?

他の選手の弱点をカバーしたり、ホームランを打ちたいけど我慢して、

チームの勝利のために当てるバッティングを心がけたり‥‥

おっしゃるとおりだね。

自分のことだけじゃなくて、みんなのためになることを考えるのがチームワークだ。

これは次回のテーマだから、今日は話さないでおくよ。

ふぅん‥‥ まぁいいわ。

たしかに『分業』という考え方をすれば、自分の得意なことで共同体に貢献できるわね。

この分業というのは、生きるために必要な仕事というものを、みんなで効率的にやろうという考え方だ。

分業の目的は共同体の利益を追求すること。

プロ野球で言うならチームの勝利であったり、ファンを喜ばせたりすることだろうね。

勝つことが一番重要かもしれないけど、一流のプロしかできない素晴らしいプレーを見られたら、たとえ負けたとしてもファンは喜ぶわね。

個人成績が優秀な選手がチームに居たらファンも誇らしいしね。

自分の利益、つまりわたしの幸せを追求していれば、自然と他人に貢献できるのが『仕事の課題』なんだ。

たとえ自分勝手な人で、本人にその気がなくてもね。

たしかに自分勝手でも、とんでもなく優れた能力があったらチームの役には立つわね。
仕事で他人に貢献するのは一番単純で、多くの人がやっていることだ。

このレベルの『貢献』は自分のことしか考えない人でもできる。

競争して敵も作るし、給料とか評価とか好感度とかの『見返り』も求めてしまうけどね。

なるほどね。

でも仕事の課題だけクリアしても、アドラー心理学が目標とする人にはなれないわね。

それは「人生の目標」の話だね?

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

『仕事』だけでは足りない

自分勝手

 

 

人生の目標の図

 

たしかにそうだ。

仕事で貢献して『仕事の課題』だけ乗り越えても、アドラー心理学が目標とする人にはなれないね。

「自立」もあやしいし、

「社会と調和して暮らす」
「他人を仲間だと感じる」

この2つも無視して乗り越えてしまう人は居るだろうからね。

やっぱり『交友・愛』の課題までクリアしないと、人生の目標を達成することはできないのね。
「自分には能力がある」という実感がある

これだけは仕事の貢献でそれなりに達成できるけどね。

それ以外の目標は、仕事の貢献だけでは不十分だ。

特に『自立すること』は、愛の課題を乗り越えないと達成できない。

へぇ。自立と愛って、あんまり関係ない気がするけどな。
『愛』の話はまだ早いから、次回以降に解説するよ。

今日は、仕事の貢献だけでは幸せに生きるには不十分だとわかってくれればそれでいい。

わかったわ。アドラーはちゃんと答えを用意してくれてるだろうし。
うん。とても厳しーい話を、用意してくれてるよ。

 

今日のまとめ

仕事とは?

 

そろそろ今日の話をまとめよう。

キーワードは『他者貢献・人生の課題・人生の目標』だね。

結局は全部、幸せに生きる為のものって感じがするんだけど、それで合ってるのかな?
おおまかな理解としては、十分だと思うよ。

その路線で話をまとめてみようか。

うん。
『人生の目標』は、これが達成できたら幸せに生きられるという目標ってことになるね。
自立して
社会と調和して暮らせて
自分には能力があると感じていて
他人を仲間だと思っている‥‥
アドラー心理学は、そういう人になって幸せに生きることを目標にしているんだよ。
この目標を達成するには、人生の課題を乗り越える必要があるのよね。
『仕事・交友・愛』という3つの課題を乗り越えて『人生の目標』に近づいていくことになるね。
課題を乗り越えるには、他人に貢献しないといけない。
そのとおり。

自分が所属する共同体の中で、仕事レベル、交友レベル、愛レベルの貢献をすることで、課題を乗り越えるんだ。

仕事レベルの貢献は、自分の利益、つまりわたしの幸せを追求することで達成できる。
『分業』という仕組みのおかげで、自分の得意な分野で活躍すれば最終的には共同体の利益につながる。

自分のことだけを考える人でも、他人の役に立てる。

身勝手な人でも努力したら達成できる課題だから、一番、簡単な課題と言えるのね。
そういうことだね。

これだけでは『人生の目標』を達成できないんだよ。

アドラーが言う『仕事』というのは、みんなが思ってるようなものとはちがってたわね。
そうだろうね。

普通『仕事』というと、お金を稼ぐためにすることだと思われがちだ。

でもアドラーが言う『仕事』はそうじゃなかったね。

家に帰ったら家族という共同体。

学校に行ったら学校クラスという共同体の一員になる。

それぞれの共同体には目的があって、その目的を達成するためにはやるべきことがある。

そのやるべきことのすべてが仕事なのよね。
共同体には必ず、何かしらやるべきことがあるはずだ。

それをやらなかったら、共同体は保てない。

野球に例えるとわかりやすいわね。

それぞれのポジションでやるべきことがあって、誰かがそれをやらないとチームは成り立たないわ。

たしかに野球やサッカーなんかの団体競技に例えるとわかりやすいね。

簡単に言ってしまうと、

誰かと一緒に行動する時は
かならず何かしらの仕事がある

ってことなんだ。

なるほどね。

遠くにドライブ行く時は、友達ばかりに運転させちゃだめってことね。

そうそう。

たしかにドライブでの仕事レベルの貢献は、運転するという仕事を自分から率先してやることだね。

『分業』の考え方だと、運転が好きな人に運転の仕事を任せて、

方向感覚の優れた人にマップを見る仕事をやってもらうのがいいわね。

きみも『仕事』の考え方が身に付いてきたみたいだね。
誰かがやらないと、共同体が成り立たなくなることは、すべて仕事なんだと考えれば簡単じゃない。
その調子で『交友・愛』の話もお願いするよ。
うーん。
アドラーの『愛』って、難しくて厳しそうな予感がするのよね‥‥

 

次回に進みます

みんなと仲間になる
アドラー心理学㉒みんなと仲間になれたら、もっと幸せになる

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  【嫌われる勇気】の続編
大ベストセラー【嫌われる勇気】の
内容を、さらに具体的な行動に落と
し込んだ本です。
信頼や愛に関しては、前作よりも
こちらの方が濃い内容です。

幸せになる勇気  amazonリンク

 

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.