アドラー心理学入門

アドラー心理学㉓共同体のみんなと仲間になるための唯一の方法

みんなと仲間になる

 

今日のポイント

交友の課題を乗り越える

 

乗り越えないと幸せに生きられない3つの課題。

仕事・交友・愛

 
今日は前回からの続きで、
【交友の課題】を乗り越える話の完結編です。
 

課題を乗り越えるには共同体感覚が必要です。

 
共同体感覚と人生の課題

 

これまでの内容を総動員する話になるので、
アドラー心理学の最初から順番に解説します。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

課題を乗り越えて幸せになる

課題を乗り越える

 

さぁ、やっと最終パートだね。

『交友と愛の課題』を乗り越えて、幸せに生きる話をしていこう。

アドラーは「人生の課題を乗り越えないと幸せになれない」って言ってるのよね?
そうだね。
仕事・交友・愛の3つの課題を乗り越えてこそ、幸せに生きられる。

人生の課題

この3つの課題を乗り越えるには、それぞれのレベルで他人に貢献しないといけない。
それが「他者貢献」ね。
他人のために努力することね。
他者貢献は「共同体感覚」を身に付けるために必要な行動だったね。

共同体の中に、自分の居場所を感じられるのが共同体感覚だ。

それを身に付けながら3つの課題に立ち向かっていく。

 

共同体感覚と人生の課題

 

この図を見ると、人生の課題に立ち向かうためには、

他者貢献だけじゃなくて、自己受容他者信頼も必要な感じね。

今日の話はそこがポイントだよ。

交友と愛の課題を乗り越えるには、自己受容と他者信頼も必要になるんだよ。

・・・
他者貢献だけではダメってこと?
今日のテーマは、アドラー心理学の最終目標だからね。

これまで話してきた内容を、総動員しないと達成できないんだ。

本題に入る前に、簡単に説明してくれない?
いいよ。
その方がわかりやすいよね。

 

受容と信頼も欠かせない

尊敬

 

もう一度聞くけど、交友と愛の課題を乗り越えるためには他者貢献だけではダメなの?
ダメってことはないんだけどね。

課題を乗り越えるために、貢献しないといけないのは確かなんだ。

でも、これまで話してきた内容よりも高いレベルの貢献が必要になる。

その高いレベルの貢献をするために、自己受容、他者信頼も必要ということね?
そうなんだ。かるく共同体感覚の話をおさらいしておこう。

 

▼自己受容
ありのままの自分を受け入れると
他人を無条件に信頼できる

▼他者信頼
他人を信頼すると
見返りを求めず他人に貢献できる

▼他者貢献
他人に貢献すると  "自分の価値を実感できて"
ありのままの自分を受け入れられる

共同体感覚

この3つはループしているのよね。

このループができるようになれば共同体感覚が身に付いていく‥‥

どれかひとつでも欠けたら成立しない輪っかだね。

交友と愛の課題を乗り越えるための「高いレベルの貢献」というのは、

この輪っかをグルグルまわって「高いレベルの共同体感覚」を身に付けないと出来ないし、続かないんだ。

ふぅん。いきなりハードルが上がった気がするわ。
最終目標の話だから仕方ないね。

簡単に言うと、自己受容・他者信頼もレベルを上げないと、他者貢献もレベルが上がらないってことだね。

共同体感覚を高いレベルで身に付けようと思ったら、3つとも頑張らないといけない。

うーん。

高いレベルの共同体感覚を身に付けないと、交友・愛の課題は乗り越えられないの?

そこまでハッキリ決めつけなくてもいいよ。

出来そうなことから、すこしずつやっていけばいいんだ。

少しずつレベルアップしていけば、少しずつ課題を乗り越えていける。

そっか、最終目標は高いハードルだけど、わたしは目の前の低いハードルから乗り越えていけばいいのね?
そうそう。すこしずつ幸せに近づいていくんだよ。
そろそろ本題に入らないとね。

交友の課題と愛の課題って、全然ちがうものなのかな?

 

仕事▶交友▶愛という順番

3段階の貢献

 

この2つの課題は、途中まではやることが同じなんだ。

交友の課題の先に、愛の課題が待ち受けている感じだね。

ふぅん。とりあえずは交友の課題を乗り越えればいいのね?
そうだね。3つの課題を乗り越える順番は、仕事→交友→愛の順番でいいと思うよ。
「仕事」の話は前回までに終わってるわね。

自分のために頑張れば、結局は他人にも貢献できるって話よね。

そうそう。

この3つの課題は追求するものが違うんだ。

仕事は『自分の幸せ』

交友は『相手の幸せ』

愛は『ふたりの幸せ』を追求する。

・・・? 
俗っぽい言い方をすれば、

仕事は 自分 が得するように
交友は 相手 が得するように
愛は お互い が得するように

行動するってことだね。

なんとなくだけど言いたいことはわかるわ。
具体的な話はこれからしていくよ。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

やはり最初は【課題の分離】

課題の分離

 

具体的には、どうやって交友と愛の課題を乗り越えていくの?
アドラー心理学の最終目標を達成するには、これまでの内容を総動員しないといけない。

忘れてることもあるだろうから、最初から順を追って説明していこう。

お願いするわ。
まず最初にやるべきなのはこれだ。

「課題の分離」

アドラー心理学の出発点ね。

自分と相手の課題を切り離す。
相手の課題には介入しない。
自分の課題には介入させない。

そう。

やらなかったら結局は誰が困るのか?を考えれば、それが誰の課題なのかがわかる。

宿題をしなくて困るのは、親じゃなくて子ども自身ね。

だから宿題は子どもの課題。

親が「宿題をやれ!」と子どもに強制するのは、子どもの課題に介入することになる。

子どもの課題に介入してしまったら、子どもが自分の力で課題を乗り越えるチャンスを奪ってしまう。

子どもの自立を邪魔してしまう。

相手が子どもじゃなくても同じね。

部活で練習をさぼる人がいたとしても、練習しなくて困るのはその人なんだから、強制してはいけない。

 

人間関係のイメージ
アドラー心理学⑤「課題の分離」で人間関係をすっきりさせる

続きを見る

人間関係に悩む女性
課題の分離を実践するコツとは?親子など5つの具体例を紹介する

続きを見る

 

課題の分離ができれば、自分と他人の間に境界線ができるね。

まずはこの境界線をしっかり意識することが大事なんだ。

それって結局は、何と何を分ける境界線になるの?
ひとことで言うと「らしさ」だね。

この境界線を相手側に踏み越えれば、相手の「そのひとらしさ」を邪魔してしまう。

逆に、こちら側に踏み込まれると、「自分らしさ」が邪魔をされる。

なるほど。

自由な生き方を邪魔したり、邪魔されたりするってわけね。

 

課題の分離の次は【共感】

横の関係、共感

 

余計なおせっかいってやつだね。

損するのも得するのも自分だったら、口出しされるのは迷惑だ。

だいたい、その口出しの通りに行動して失敗したって、損するのは相手じゃなく自分だ。

でも、そんな状態では仲間にはなれないんじゃないの?

あなたは、あなたの好きなように生きて下さい。

わたしは、わたしの好きなように生きます、って感じよね?

そのとおり。

境界線を意識するのは、超えないように注意するためじゃない。

ここから先は相手の自由を邪魔してしまうという自覚を持って、踏み越えないといけないからだ。

そっか。

「境界線」を意識していれば、相手の迷惑にならないような「おせっかい」の仕方を考えるはずね。

他人との距離を縮めようと思ったら、どうしたって「おせっかい」になってしまうんだ。

でも、受け入れられるおせっかいと、受け入れられないおせっかいってあるよね?

それはあるわね。

どう考えても、わたしの事を真剣に考えてないだろ?って感じの「余計なおせっかい」はたくさんあるわ。

その逆もね。

そうだよね。

境界線を知ろうともせずに踏み越えるのは、勝手に他人の家に上がり込むような行為だよね。

境界線を知っていれば、インターフォンを鳴らしたり、「お邪魔します」という言葉くらい出るだろう。

なるほどね。

子どもも自分の家を持ってると考えないといけないのね。

いくら親だからって、子どもの家に勝手に入っちゃダメね。

そうそう。
他人の家に入ろうと思ったら、相手の迷惑にならないように入れてもらわないとね。
じゃあ、どうやったら迷惑にならないように他人の家に入れるのかな?
「課題の分離」の後にすることは、もう伝えたはずだよ。
ああ、「共感」ね。
課題の分離をして、他人との間の境界線を知った後は、相手に共感して近づいていく。
相手の「立場」になったつもりで、相手のことを想像するのよね?

 

横の関係、共感
アドラー心理学⑨「横の関係」で生きるひとは他人と対等につきあう

続きを見る

 

そのとおりだね。

自分とまったく同じ人間なんて、この世に存在しないんだ。

ということは、自分と相手との間には必ず「ちがうところ」があるはずだよね。

課題の分離をすると、その「ちがうところ」がハッキリする。

境界線を引くんだから、その向こう側とこちら側はちがって当然ね。
そうだよね。

でも「ちがうところ」をそのまま放置してしまったら、同じ目的に向かって努力する仲間にはなれない。

考え方の「ちがい」「同じ」にするために努力しないといけない。

ちがってたら仲間になれないから、同じにするために努力する。

そのための共感‥‥

「共感」というのは、相手と立場を入れ替えて考えてみて、自分だったらどうするか?を想像することだ。

となると、立場を入れ替えて考えるんだから、そもそも相手の立場を知らないと話が始まらない。

まぁ、そうなるでしょうね。
相手の立場を知ることができれば、

自分が相手の立場だったらどうするだろう?と想像できるようになる。

うん。
うまく想像できれば、相手が自分とちがうことをする理由がわかるかも知れないね。
そうね。

わたしが仕事を頑張るのは、わたしなりの「理由」があるからだわ。

仕事を怠ける人にも、その人なりの「理由」があるんでしょうね。

必ず「理由」はあるんだ。

君には仕事を頑張る理由がある。

怠ける人には、仕事を怠ける理由がある。

※ここではわかりやすいように「理由」という言葉を
使っていますが、アドラー心理学で厳密に考えるなら
「目的」の方が正しいです。

怠ける「理由」を知ることができれば、相手が嫌がらないような話し合いができそうな気がするわね。
そうだね。

「ちゃんと真面目に仕事しろ!」って言ったって、その人は「うるせぇな」としか思わないだろうね。

うんうん。絶対そうだわ。

 

諦めずに【提案】し続ける

提案する女性

 

『仕事をほったらかして帰る人』に共感してみようか。
うん。具体的に教えて。
きみが、その人の上司だとしよう。

職場の誰かから、きみは聞くんだ。

その人が、家族と過ごす時間をとても大事にしていること。

幼いころにケンカばかりする親を見てたせいで、円満な親子関係が、その人の強い憧れになっていること。

うん。
その人にとっては、仕事は単なる生活費を稼ぐためのものだ。

すこしでも子どもと過ごす時間を作りたいから、出勤は始業時間ギリギリで、仕事が終わってなくても終業時間ピッタリに帰宅する。

・・・ 
このような相手の「立場」を知った君は、どうやってその人に残業を頼むかな?
うーん。そうなってくると強制するのは難しいわね。
ぼくなら、こんなふうに頼むかもしれない。

「あなたは勤務時間をしっかり守っているから、わたしにはこれ以上仕事をしろと言う権利はない。」

「でも、今は忙しい時期で、同僚のみんなも残業をして何とか仕事を回している。」

「仕事ばかりで、子どもとの時間をおろそかにするのはダメだと思うけど、この仕事で子どもを養っていることも事実としてある。」

「あなたがどうしても早く帰りたい時はわたしが手伝う。」

「だから、忙しい時期だけでもいいから、仕事を頑張ることが子どものためにもなると思って、みんなに協力してくれないかしら?」

語尾は気持ち悪いけど、いいんじゃない?

少なくとも「もっと仕事しろ、まわりを見ろ」って怒るよりは聞いてもらえそうだわ。

まぁ‥‥
気持ち悪いかどうかは置いといて‥

「もっと仕事しろ!」って怒るのは相手の課題への介入だ。

相手の立場を無視した強制だからね。

相手の立場を知って、自分とちがうことをする理由を大切に思えたら、介入ではなく提案になるはずだ。

強制ではなく提案ね‥‥
残業してくれるかどうかは、相手の課題だから強制してはいけない。

でも共同体にとって必要なことだったら、放置してはいけない。

放置したら共同体がバラバラになってしまうかも知れない。

でも、介入もしてはいけない。

強制しても仲間にはなれない。

なら 提案 するしかない。

相手を信じて、仲間になれるように、提案し続けるしかない。

相手の立場を知って、共感する。

そうすれば、相手と自分との間にある境界線を、無視せずに近づける。

もしかしたら、仲間になってもらえるかもしれない。

そういうことね?

そう。それが相手を「尊敬」するということなんだよ。

相手に共感できれば、自分とちがうところが、「そのひとらしさ」に変化する。

この場合は、家庭を最優先で考えるのが「そのひとらしさ」だね。

そっか。

尊敬とは、相手がそのひとらしく成長していけるように気づかうことだったわね。

家庭を優先するのがそのひとらしさだとしたら、残業を強制するのは尊敬のかけらも無い行為だ。

そのひとらしさを邪魔してはいけないんだ。

そのひとらしさを大切に扱うのが「尊敬」という行為だからね。

なるほどね。

そうなると、やることの順番はこんな感じになるのかな?

課題を分離する
共感する

尊敬する
そして、仲間になる

それではちょっと足りないね。

信頼が抜けている。

尊敬できたとしても、仲間になるかどうかを決めるのは相手だ。

仲間になることを強制はできない。

だから、やることの順番はこうだ。

課題を分離する
共感する
尊敬する

仲間になってくれることを
信じて尊敬し続ける

仲間になってくれなくても
あきらめずに期待し続ける‥‥

忘れてたわ。
その気が遠くなるような考え方は、他者信頼のときに聞いたわね。
たしかに時間のかかる話だね。

自分とまったくちがう考え方をする人と仲間になるのは時間がかかる。

それを手っ取り早くやろうとするから、介入したくなるのね。
そういうことだね。
ちょっとややこしくなってきたから、ここまでを一旦まとめない?
わかったよ。
「交友の課題」をまとめよう。

 

今日のまとめ

みんなと仲間になる

 

「交友の課題」の目標は、共同体の他の人と仲間になることよね?
そうだね。

協力し合える関係を作るんだね。

そのためには他人に貢献しないといけない。

この場合の貢献は、仲間になるための貢献と思えばいいのね?
そう。
協力や援助をしてもらいたかったら、先に相手に協力や援助をしよう、ってやつだね。
そんな貢献をする前に、心構えとして他者信頼をするって感じかな?
それはわかりやすい考え方だね。
それでいいと思うよ。

他人を信頼し、尊敬できていれば、余計なおせっかいのような貢献をすることは無いだろうからね。

他者信頼をするために必要なことを順番にすると、

課題の分離→共感→尊敬→信頼

こんな感じね。

まずは課題の分離をして、相手の生き方を邪魔しない境界線と、

自分と相手の「ちがうところ」をハッキリさせる。

次に、相手の立場を知って、自分がその立場だったらどうするか?を想像して共感する。

共感ができれば「ちがうところ」が
「そのひとらしさ」だと思える。

さっきの話だと、仕事を頑張るか頑張らないかの「ちがい」が、

家庭を最優先するというそのひとらしさに変わったわね。

そうだね。

そのひとらしさを大切に考えるのが尊敬だ。

尊敬ができれば境界線を無視せずに相手に近づくことができる。

近づくというのは、さっきの話だと提案するところね。

境界線を無視して、こちら側に無理矢理ひっぱり込む強制ではなくて、

相手の立場を尊重して提案するのが「尊敬する」ということね。

そのとおり。
でも尊敬して近づいたとしても、

こちら側に歩み寄ってくれるのか?
仲間になってくれるのか?

これは相手が決めることだ。

だから、あとは信じるしかない。

拒絶されたとしても、いつかは仲間になってくれることを期待して、

尊敬して、貢献し続けるしかない。

そこで他者信頼と他者貢献がつながるのね。
そう。「尊敬」は他者貢献なんだ。

相手の「そのひとらしさ」を気づかい、成長を願い、具体的な行動で表すのが「尊敬」だからね。

「交友の課題」を乗り越える話はだいたいわかったわ。

仲間になってくれることを信じて、
相手を尊敬して、
それを明確に行動で表す。

あきらめずにね。
尊敬・貢献し続けるんだ。
わたしの持ってた「交友」というイメージとは全然ちがうわね。

でもたしかに、絶対に失いたくないような親友がいたら、わたしはそんなふうに接しているはずだわ。

それをみんなにやるんだから大変ね。

交友は「与える行為」だからね。

信じて与え続けるんだから、大変なのは当然だね。

次の愛の課題はもっと大変なの?
そうなるね。さらに一歩、先に進まないといけないんだ。

ちょっと疲れてきたから休憩をはさんだあと、「愛の課題」を乗り越える話をしていこうか。

うん。考えることがいっぱいだわ。

 

次回に進みます

決断
アドラー心理学㉔「愛」は決断することから始まる

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください
解説して欲しい本・お悩み相談なども受付中

 

 

オススメしたい本

◀  【嫌われる勇気】の続編
大ベストセラー【嫌われる勇気】の
内容を、さらに具体的な行動に落と
し込んだ本です。
信頼や愛に関しては、前作よりも
こちらの方が濃い内容です。

幸せになる勇気  amazonリンク

 

◀  最強のアドラー心理学本
言わずと知れた、大ベストセラー。
サイト管理者の人生を変えてくれた
本です。自由・幸福・教育など‥
人生の様々な場面で活躍する考えを
知ることが出来ます。

嫌われる勇気 amazonリンク

 

「嫌われる勇気」の解説

読書
アドラー心理学『嫌われる勇気』を要約して5行でまとめる

続きを見る

 

 

-アドラー心理学入門

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.