劣等感と生きる

【苦しい劣等感を無くす方法】名著・反応しない練習から学んでみよう

反応しない練習というタイトルの本

 

今日のポイント

苦しい劣等感を無くす

 

たくさんの劣等感を抱えたり、強すぎる劣等感に
苛まれたりすると、人は苦しみます。
 

劣等感なんて無くしてしまえば楽になれますが、
人間は『欲』を持つ生き物です。
 

他人より優れていたいという欲は、人間なら誰も
が持っていて、そう簡単には無くせません。

欲に振り回される男性

 

そんな『欲』に、振り回されない生き方を教えて
くれるのが 反応しない練習 という本です。
 

今日は仏教の観点から、苦しい劣等感を捨て去る
方法を考えていきます。

 

今日の結論

が苦しみを生む   
 
▷苦しみとは心の反応  
 
▷反応を正しく理解すれば
苦しみは減らせる  

結果を想像する

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

苦しい劣等感は無くしてしまおう

苦しみを捨てた女性

 

苦しい劣等感との向き合い方には2つの道が考えられる。

・克服する
・無くす

克服する方法はすでに話したから、今日は無くす話をしよう。

克服ってのはわかりやすいわよね。

努力して、劣等感を感じないレベルまで成長する。

 

劣等感を克服する方法

努力して劣等感を克服する人
【劣等感を克服する方法】前向きに努力を続けられる考え方とは?

続きを見る

 

そうそう。出来るかどうかは別だけど、仕組みは簡単だね。

頑張って乗り越えるのが克服だ。

でも他人と競争して、勝ち続けるのって不可能だよね?

・・・そうね。

自分より優れた人なんて、意識し出したら切りがないわ。

世の中には頑張ってる人がたくさんいるんだから。

そうだよね。他人との競争には終わりが無いんだ。

年収 成績 人望 容姿 健康

比べ出したら切りがない。

勝った!と思っても、視野を広げればもっと優れた人がたくさんいる。

劣等感をバネにして成長するって大切なことだと思うけど、

多すぎたり、強すぎたり・・・

そんな劣等感は苦しいわよね。

そのとおりだ。

適度な劣等感は、人間を成長させる原動力となる。

逆に強すぎる劣等感は、さまざまな苦しみを生んで、

最悪、自殺という結果にまで至る。

 

劣等感とうつ病の関係

鬱と劣等感の関係を表すイメージ
【うつ病につながる劣等感】9つのチェック項目で診断できます

続きを見る

 

劣等感には良い面と悪い面の、両方があるってことだね。

「無くす」という向き合い方も知っておかないと、苦しい劣等感から抜け出すのは難しいんだ。

 

 

名著・反応しない練習

反応しない練習というタイトルの本

 

劣等感を無くすって、いまいちイメージが湧かないんだけど‥‥
そうだろうね。

だから今日は、仏教の世界から学びを得ようと思うんだ。

素晴らしい本に助けてもらおう。

なによ、素晴らしい本って。
『反応しない練習』っていうタイトルの、有名な本だよ。
どんなことが書かれてるの?
人間の悩みや苦しみは、
心が反応することで生まれる。

無駄な反応をしないように、
心の状態を見るようにしよう。

そして、正しく理解しよう。

本の中で一貫して語られるテーマは、こんな感じだね。

うーん。それだけを聞いても、よくわからないわね。

悩みや苦しみは、心の反応・・・

反応を見て、理解する・・・

私の苦手な抽象的すぎる話だわ。

こんなに短くまとめたら、抽象的でわかりにくいのは仕方ないね。

ちゃんと具体的に説明するからね。心配いらないよ。

 

オススメしたい本

◀  苦しみを手放す心の訓練
あなたの心が苦しむ仕組みをわかり
やすく解説してくれる本です。
苦しみを手放す為には、心の反応を
観察して、それがおかしな反応では
ないか、考えないといけません。

反応しない練習 amazonリンク

 

 

反応とは自分の『中』の出来事

自分の中の反応

 

まずは、自分の『中の世界』と、
『外の世界』を分けて考えよう。

こんなふうにね。

 

自分の中の世界と外の世界のイメージ

 

なんかシュールな図だけど、なんとなくわかるわよ。

自分の中と外で世界を分けるのね。

そう。外の世界は、中の世界とは関係なく動いているよね。

「1万円札が降ってくるといいな」なんて思っても、

外の世界では、そんなの有り得ないから降ってこない。

まぁ当然の話よね。

中っていうのは心の中ってこと?

そう思ってくれてもいいよ。

つまり、君の心の中がどんな状態であっても、外の世界には関係ない。

君がイヤがることも平気で起きる。

そうでしょうね。なんでも思い通りになったら苦労しないわ。
嫌われたり‥‥ 負けたり‥‥
怒られたり‥‥ 無視されたり‥‥

こんな事がイヤでも起きてしまう。

 

外の世界では気に食わないことが起きる

 

うん。有り得る話だわ。
そんなイヤなことが起きた時、君の心の中はどうなるかな?
えー?心の中?

うーん・・・

嫌われたら、何で?って思う。
負けたら、悔しさを感じる。
怒られたら、ムカつく。

無視されたら、たぶん悲しいわね。

そんな感じの『心の動き』が、本の中で語られる『反応』なんだ。

外の世界で何かが起こり、それに対して中の世界である心が動く。

それが『反応』だ。

 

YOUTUBE【ゆっくり解説】

 

 

 

イヤでも反応してしまう

いろんな反応をするイメージ

 

ん?だから何だって言うの?
そんなの当たり前じゃない?
そう、当たり前なんだ。

外の世界で何かが起きれば、人の心は反応してしまう。

反応しないでおこうと思っても、勝手に心が動いてしまう。

うん。そうだと思うわ。

・・・
なんで反応しちゃうのかな?

反応なんてしなかったら、心穏やかに生きていけそうよね。

そうだね。劣等感を感じて苦しむこともないだろうね。

でも人の心は反応してしまう。

それは、『欲』があるからなんだ。

 

 

欲があるから反応する

いろんな欲のイメージ

 

欲?

食欲とか性欲とかの欲?

そうそう。
仏教では執着とも言うよね。
 

キリスト教の『7つの大罪』は、その人間の欲が原因になっている。

傲慢 憤怒 嫉妬 怠惰 
強欲 暴食 色欲
 

仏教では『五欲』といって、5つの求める心を意識する。

財欲 色欲 食欲 名誉欲 睡眠欲

 

欲に振り回される男性

 

心は常に、何かを求めている。

そして、求めても全ては手に入らないから、常に何かに飢えている。

・・・
たしかに私の中にも有るわね。

お金や恋人が欲しい
認められたい
優れた人になりたい
食べたい 寝たい
だらだらしたい

人間なら誰でも欲を持っている。

ぼくも君も、外の世界に対して何かを求めながら生きている。

 

外の世界に求めるイメージ

 

なるほど。

欲があるから心が反応してしまうってのはわかってきたわ。

人間には欲がある。

欲とは何かを求め続ける心。

欲を満たしたいから、常に外の世界が気になって仕方がない。

そう。欲を満たせれば、心は気持ちいいという反応をする。

満たせなければ不快な反応をする。

劣等感も、そんな反応の一つだね。

『他人より優れていたい』という欲求があるから、

他人より劣っている時に、苦しさを感じてしまうんだ。

 

 

反応を無くすのは難しい

反応がまとわりつく男性

 

ここから本題に入っていくよ。

悩みや苦しみを捨て去るために、反応しない練習をしていこう。

ちょっと待ってよ。

人間には欲があるんだから、反応しちゃうのは仕方ないんじゃないの?

反応しないなんて無理じゃない?

さすが、気付くのが早いね。

人間に欲があるなら、反応するのはどうしようもないよね。

そうでしょう?

反応しない人になろうとしたら、欲を無くすしかないわ。

そんなの、人間をやめるってのと同じことじゃないの?

そのとおりだ。

欲を無くすというのは何も感じないということだからね。

人間らしさが失われちゃうね。

うん。そう思うんだけどな。
出家して、お坊さんになるような人は、そんな境地を目指すんだ。

お釈迦様のように、欲に振り回されない冷静な生き方を、身につけないといけないからね。

まぁ、そうかも知れないわね。
でも僕たちはそうじゃない。

僕たちが目指すのは、反応を無くすような境地じゃない。

人生を悪くする反応なら弱める。

逆に、人生を良くする反応なら、無くさずに利用する。

そうやって、自分のためになるように、欲や反応をコントロールできるようになろう。

無くすのは難しいから、利用する方法を考えるってことね?
そう、その方が現実的だ。
人生を悪くする反応って、具体的にはどんなのがあるの?
そうだね・・・

たとえば怒りの反応は、君の人生を悪くするかもね。

 

 

怒るとだいたい後悔する

怒る女性

 

誰かに怒ってしまった後に、反省した経験は無い?
・・・あるわよ。何回もあるわ。

気まずい雰囲気になったり、頼みごとをしづらくなったり。

怒りという感情は、欲が邪魔された時に生まれる反応なんだ。

思い通りに仕事を進めたいという欲を、部下に邪魔されて怒る。

早く目的地に着きたいという欲を、前を走る車に邪魔されて怒る。

他人の都合なんて無視して、自分の欲が邪魔されたことに対して、

怒りで反応してしまう。

・・・
でも、反応のしかたは人によって全然違うよね?

極端な話、君と真逆な反応をする人だっているはずだ。

・・・そうね。
私は短気だから怒っちゃうけど、そうじゃない人もいるわ。
怒った後に反省するぐらいなら、そんな反応は減らした方がいいね。

欲や反応をコントロールする為には、やるべき事が2つあるんだ。

・反応を見る
・反応を正しく理解する

 

反応に対処する流れ1

 

 

◆心の反応を見る

心の反応を見る女性

 

心がやっかいな反応をした時は、その反応を見るようにしよう。
・・・?
たとえば、部下の仕事が遅くてイライラした時は、こう意識しよう。

「わたしは今、イライラしている」

自分の心の状態を見るってこと?
そのとおり。

自分の中の世界がどんな反応をしているか、素直に観察するんだ。

イライラしてることを自覚しよう。

 

心の反応を見るイメージ図

 

自覚すると何かいいことがあるの?
欲に振り回されないためには、それを止めてくれるもう一人の自分が必要なんだよ。

反応を見る意識を持つことで、そのもう一人の自分が生まれるんだ。

なるほどね。振り回される自分と、それを見る自分。

自分が二人になったわ。

そうそう。

イライラして、その感情に流されて行動したら、後で冷静になってから後悔することになる。

「わたしは今、イライラしている」

まずはこのように意識して、自分を見る冷静な自分を作り出すんだ。

 

 

◆反応を正しく理解する

反応を理解しようとする男性

 

欲に流されて後悔しないように、冷静に反応を観察する・・・

そんな視点を持つのが大事なのね。

そうだね。

苦しみ 悲しみ 怒り 妬み

欲が邪魔をされると、人の心はいろんな反応をしてしまう。

まずは反応を観察して、その反応を正しく理解していこう。

正しく理解するってどういうこと?
一言でまとめるなら、原因と結果を考えるということだね。

どうしてこんな反応するんだろう?

この反応は、自分や外の世界にどんな影響を与えるんだろう?

このように原因と結果を考えれば、反応への対処法も見つかるんだ。

 

反応に対処する流れ2

 

原因を探る

疑問を持つ男性

 

心の反応を観察した後は、なぜ反応したのかを考えるんだ。

たとえば、君が車で出勤する場合を考えてみよう。

始業時間に間に合うかギリギリなのに、遅い車が前を走っている。

たぶん君はイライラするね?

まぁ、するでしょうね。
それは欲があるからだ。

欲が邪魔をされるから、イラつきという反応をしてしまう。

この場合はどんな欲が原因だと考えればいいの?
優れた人でいたい
自分を良く見せたい

そんな欲だろうね。

遅刻して、だらしない人間だと思われたくない・・・

慌てて出社するような、みっともない姿を見られたくない・・・

そういった欲があるから、それを邪魔する前走車を悪者にする。

・・・そうかもしれないわね。

時間に余裕があったら、遅いなーとしか思わないかもしれない。

そう。余裕で間に合うなら、欲は邪魔をされないからね。

たとえ遅い車が気に入らなくても、コンビニに寄ったりして、流れを変えることも出来るだろう。

・・・
欲が私を焦らせるのね。

そして、イライラさせる・・・

遅く出れば、遅く着く。

そんな当たり前のことも、捻じ曲げようとするのが「欲」なんだ。

まずは心の中を観察しよう。

「わたしは今、イライラしている」

 
次は、反応する原因を考えよう。

「欲があるからイライラしている」

「優れた人でいたい、という欲が、
 わたしを急がせている」

 

結果を想像する

結果を想像する

 

反応する原因を考えたら、次は結果を想像してみよう。

自分や外の世界に、どんな影響を与えるか考えるんだ。

さっきの例だったら、イライラしたらどうなるかを考えるって事?
そうだね。

遅い車にイライラしたら、君の行動に影響を与えるはずだ。

車間距離を詰めたり、クラクションを鳴らしたりね。

さすがの私もクラクションは鳴らさないけど、車間は詰めるわね。

そうすれば、前の人がバックミラーを見た時に、後続車が詰まってるってわかるんじゃない?

スピードを上げてくれるかもね。
そうそう。
ムキになってスピードを落とす人も、いるかもしれないね。

車間を詰めるのは「早く行け!」って言ってるのと同じだからね。

・・・
体調が悪いのかもしれない。
妊婦が乗ってるのかもしれない。
最近、事故を起こしてしまって、
慎重になってるのかもしれない。

社長や顧客が乗ってたら最悪だね。

・・・
距離を詰めれば、当然、追突する可能性も上がる。

すべての交通事故の32%、死亡事故の35%は追突事故らしいよ。

まぁ、単純に考えて危ないわよね。
車間距離を詰める行為は、どう考えても割に合わない。

デメリットの方が多すぎるんだ。

前の人は、別に私に嫌がらせしたいんじゃないものね・・・

ただ自分のペースで走ってるだけ。

そうそう。

特定の区間以外は、このスピード以上で走れっていう法令は無いんだ。

どんなに遅く走っても、それはその人の自由なんだ。

 

オススメしたい本

◀  苦しみを手放す心の訓練
あなたの心が苦しむ仕組みをわかり
やすく解説してくれる本です。
苦しみを手放す為には、心の反応を
観察して、それがおかしな反応では
ないか、考えないといけません。

反応しない練習 amazonリンク

 

 

反応しない練習のまとめ

反応しない練習という本のイメージ

 

イライラしたって良いこと無い

私もそれぐらいはわかってるつもりなんだけどね。

そうだよね。
後で冷静になった時に、大人げなかったと思うんだよね。
うん。イライラしてる時は、それがわからない・・・

だから、自分の反応を見て、冷静に考えないといけないのね。

そのとおり。

反応を見て、正しく理解する。

そうすれば、後悔しないような行動が取れるんだ。

 

反応に対処する流れ2

 

遅く出た自分が悪いんだから、遅刻しても仕方ないわよね。

仕事を頑張って、その分を取り返そう、とか思えるかもね。

イライラしたら自分が危ないし、他人を事故に巻き込むかもしれない。

欲を無くすのは無理なんだから、早く家を出るしかない。

そんな理解も得られるね。

なるほどね・・・

イライラした時以外でも、そうやって冷静に判断したいわね。

 

今日の結論

が苦しみを生む             
 
▷苦しみとは心の反応         
 
▷反応を正しく理解すれば  
  苦しみは減らせる           

結果を想像する

 

 

劣等感を無くす方法

苦しみを捨てた女性

 

劣等感を感じて苦しむのも、反応の一つと考えればわかりやすいわね。
そうだね。

「他人より優れていたい」という欲が邪魔された時に、心が反応して生まれるのが劣等感だ。

悔しい・・・
情けない・・・
みじめだ・・・

多すぎたり強すぎたりする劣等感は、人間の頭を悩みで埋め尽くす。

そして、前向きに生きるエネルギーを奪ってしまう。

克服できれば最高だけど、他人との競争には終わりがないから、

無くす方法も身につけようってのが今日のテーマだったわね。

そのとおりだね。

まぁ、現実的には『無くす』ってのは難しいんだけどね。

『弱める』の方が正しいかな。

欲を無くすなんて、わたしには出来そうにないわ。

弱めるだけでも楽になるはずよ。

劣等感を弱めたかったら、今日話した内容をやってみよう。

難しいと感じたら、劣等感があることを自覚するだけでもいいよ。

私は今、悔しいと感じている
私は今、羨ましいと感じている
私は今、情けなさを感じている

これが出来るだけでも、必ず劣等感は弱められる。

反応を見るってやつね。
アドラー心理学では、反応を見る行為を自己受容と呼ぶんだ。

負けてる自分を素直に受け入れる。

今日のテーマとも深く関わるから、知っておくといいと思うよ。

 

弱い自分を受け入れる方法とは?

自己受容
アドラー心理学⑮ありのままの自分を受け入れると、他人を仲間と思える

続きを見る

劣等感を理解すれば人生が変わる

劣等感・意味の記事サムネイル
【劣等感の意味とは?】心理学・哲学・仏教などから正しく学ぼう

続きを見る

 

お気軽に何でも御質問ください

 

 

-劣等感と生きる

Copyright© mikotoblog.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.